瀧田深雪のfacebook顔画像「殺し屋も惚れる美人妻」夫殺人依頼・東京都足立区殺人未遂

takitamiyuki,facebook,instagram,twitter,kaogazou,kao,syasin

2021年11月8日、東京都足立区南花畑4丁目のパート従業員・瀧田深雪(滝田深雪)が夫を殺害してほしいとSNSで殺し屋に依頼し、犯人の男3人と共謀して夫を殺害しようとした疑いで逮捕されました。

足立区南花畑の瀧田深雪(たきたみゆき)のfacebook顔画像やインスタ、ツイッター、自宅住所を特定するべく調査しました。一部報道では、瀧田深雪は滝田深雪と表記されています。

木下富美子都議の潜伏先は軽井沢?!

夫の腹刺した澤田ゆりの顔画像特定か「年の差婚の美人妻」

九州新幹線放火・三宅潔の顔画像特定「キレやすい老人のテンプレ」

京王線テロ事件・犯行動機「天皇賞で全財産スッた」

服部恭太のインスタ・ツイッター特定か「少年院あがりのアイドル推していた」

岡山居眠り運転事故・林田覚の会社自宅特定「オンボロで山奥にあるプレハブ」

鹿児島クレーン事件・山下昌司の悪人ヅラ!「イジメっ子がそのまま大人に」

瀧田深雪のfacebook顔画像「殺し屋も惚れる美人妻」

takitamiyuki,facebook,instagram,twitter,kaogazou,kao,syasin

瀧田深雪のfacebook顔画像を特定すべく、フェイスブックで「瀧田深雪」を検索していきました。facebookには「瀧田深雪」と同姓同名の人物が1人もいませんでした。いずれも、部分的に表記が一致した外国人たちが検索されました。

takitamiyuki,facebook,instagram,twitter,kaogazou,kao,syasin

逮捕された瀧田深雪の「瀧」の字は、簡易的な「滝」での表記もできますので、「滝田深雪」という表記でも検索してみました。すると「滝田深雪」と一致する氏名が1名、名前がひらがなのため一致した人物が1名いました。

また、瀧田深雪は表記の問題もあるため「takita miyuki」でも検索してみましたが、「滝田深雪」と同様の検索結果になりました。下の画像の通りです。

takitamiyuki,facebook,instagram,twitter,kaogazou,kao,syasin

検索された滝田深雪のfacebookアカウントを調査しましたが、逮捕された瀧田深雪と同一人物であると確信できる情報はなく、現在も瀧田深雪のfacebookアカウントは捜索中です。

過去に、妻が夫を殺害するという事件を見ることで、瀧田深雪の顔画像のイメージをしていきます。

この画像の人物は、三浦咲子(27)でエステ店を経営していました。三浦咲子は、夫のDVに耐えかねて殺害してしまいます。同情の余地はありますが、殺人に勝る犯罪もそうあるものではありません。

三浦咲子は年齢も20代で容姿も美しく、自身のエステ店の盛り上げのためにインスタグラムに際どい画像やばっちりメイクの画像を頻繁にあげていました。

sawadayuri,facebook,kaogazou,twitter,instagram takitamiyuki,facebook,instagram,twitter,kaogazou,kao,syasin

瀧田深雪が夫を殺害しようとした理由はまだ報道されていませんが、三浦咲子と同様に夫に対する憎悪や怨恨があった可能性もあります。瀧田深雪にSNSで殺人依頼を受けて実行した犯人は瀧田深雪の夫を刺すところまでは成功しますが、全治1ヶ月の傷しかつけることができませんでした。現場での経緯はまだ明かされていませんが、男性3人で及んだ犯行にしては、夫が無事だったことが奇跡のように思えます。また、瀧田深雪の夫も強靭な体をしていた可能性もあります。

takitamiyuki,facebook,instagram,twitter,kaogazou,kao,syasin

次の画像の人物は鹿毛陽子(33)です。自衛官の夫を毒殺しようとして逮捕されています。犯行動機などについては黙秘を貫いていたとのこと。一説によると、自衛官の夫の家庭内の暴力や嫌がらせが原因で犯行におよんだとも言われています。

鹿毛陽子はテレビ出演経験があり、コンサルタントに400万円を支払い、トレーディングカードショップを出店していました。そのため顔が知れており、事件当時は話題になりました。

先程の三浦咲子とは違うタイプのルックスの女性ですが、瀧田深雪が三浦咲子や鹿毛陽子と同様に夫からの攻撃によって犯行に及んでいたとしたら、鹿毛陽子のように少しやつれた感じの顔画像になっているはずです。

takitamiyuki,facebook,instagram,twitter,kaogazou,kao,syasin
takitamiyuki,facebook,instagram,twitter,kaogazou,kao,syasin takitamiyuki,facebook,instagram,twitter,kaogazou,kao,syasin

<2021年11月11日追記>

瀧田深雪の顔画像について続報が出ています。瀧田深雪は、夫が娘の面倒を見ないことを理由に、殺害を計画したと供述しています。

takitamiyuki,facebook,instagram,twitter,kaogazou,kao,syasin takitamiyuki,facebook,instagram,twitter,kaogazou,kao,syasin
takitamiyuki,facebook,instagram,twitter,kaogazou,kao,syasin takitamiyuki,facebook,instagram,twitter,kaogazou,kao,syasin
takitamiyuki,facebook,instagram,twitter,kaogazou,kao,syasin takitamiyuki,facebook,instagram,twitter,kaogazou,kao,syasin

瀧田深雪のツイッター顔画像「闇垢裏垢の多いSNSで」

瀧田深雪は夫殺害の計画を立て、実行犯3人の誰かとSNSで取引がありました。瀧田深雪が実際の殺害依頼に使ったのは、ツイッターではないかという推測がネットでも散見されました。

ツイッターは、家出少女や学校の裏垢、パパ活アカウント、薬物の売買など、闇の深いアカウントが多いことでも有名です。瀧田深雪がSNSで殺人依頼をするのであれば、ツイッターを経由していたと考えても不思議ではありません。

Twitterで瀧田深雪を検索したところ、やはり本名での運用はされていないようで、該当するTwitterアカウントも存在しませんでした。

 

takitamiyuki,facebook,instagram,twitter,kaogazou,kao,syasin

表記についてブレがあるため「滝田深雪」でも検索を試みましたが、やはり同じ結果でした。

 

takitamiyuki,facebook,instagram,twitter,kaogazou,kao,syasin

「瀧田深雪」「滝田深雪」「takitamiyuki」の考えうるすべてのパターンで検索を試みましたが、瀧田深雪のプライベートなツイッターアカウントは発見できませんでした。

takitamiyuki,facebook,instagram,twitter,kaogazou,kao,syasin

瀧田深雪が殺人依頼をしたアカウントは流石に本名に掠ることすらしない偽名と断定できますが、瀧田深雪のプライベートや過去の日常が知れるようなツイッターアカウントは現在も捜索しております。

続報が入り、実行犯の男性の1人小西昂太が「数週間前にツイッターで『夫を殺してほしい』との投稿を見て応じた」と供述していることがわかりました。偽名やニックネームでアカウント作成や投稿をしているとみて間違いありません。

瀧田深雪のインスタ顔画像「殺人依頼に使用した?」

facebook、Twitterと瀧田深雪のアカウントを調査してきましたが、インスタグラムも同様に調査していきます。

Instaramにて「瀧田深雪」と検索したところ、3名の「瀧田深雪」が存在していることがわかりました。1人は非公開のInstaramアカウント、もう1人は、仲良しカップルのインスタアカウント、最後の1人は映画ファンのインスタグラムアカウントでした。

takitamiyuki,facebook,instagram,twitter,kaogazou,kao,syasin

いずれのあ「瀧田深雪」インスタグラムアカウントも、逮捕された瀧田深雪と断定できる投稿やプロフィール設定はありません。万が一、仲良しカップルの写真が多く投稿されている瀧田深雪アカウントであったと想像したら、最後の投稿が2021年5月でしたので夫殺害に至るまでに急展開があったのでしょうか。3ヶ月でドラマチックな何かが起きたのでしょうか。

フェイスブックやツイッターと同様に、「takita miyuki」表記でも検索してみたところ、1人該当するInstaramアカウントが発見できました。しかし、この「takita miyuki」プロフィールが全く設定されていません。逮捕された瀧田深雪と同一人物であるという確証を得るには困難です。

ただ、メッセージのやり取りだけであれば、こうしたアカウントでも可能であるため、瀧田深雪が夫殺害の実行犯とこうしたアカウントでやり取りしていた可能性も十分にあります。実行犯側も、依頼人の素性や身元、本気度を確かめる必要があるため、瀧田深雪が本名をなにかの手段で連絡したことは間違いないでしょう。

takitamiyuki,facebook,instagram,twitter,kaogazou,kao,syasin

瀧田深雪の自宅住所「東京都足立区南花畑4丁目エーデルブルーメNo.18」

逮捕された瀧田深雪の自宅住所は、東京都足立区南花畑4丁目であると報じられています。報道映像からも瀧田深雪の自宅であり、瀧田深雪の夫が刺傷された犯行現場がわかります。GoogleMAPで特定できた瀧田深雪の自宅住所は「東京都足立区南花畑4丁目31−8のエーデルブルーメNo.18」でした。

白い壁に赤いラインが特徴の瀧田深雪の自宅アパートです。瀧田深雪はここに娘と瀧田深雪の夫と3人で暮らしていました。

takitamiyuki,facebook,instagram,twitter,kaogazou,kao,syasin

瀧田深雪はパート従業員ですが、被害者の夫の話によると「1000万円の借金」があったといいます。もしかすると、夫殺害の報酬を1000万円と設定して、その1000万円すら夫の稼ぎから支払おうとしていたのかもしれません。いずれにしても、貯金が1000万円もあるようには見えない瀧田深雪の自宅アパートです。

takitamiyuki,facebook,instagram,twitter,kaogazou,kao,syasin

外から見た感じの瀧田深雪の自宅アパートの様子です。アパート名は現在捜索中ですが間取りは一般的な家族用アパートの1LDK~2LDKぐらいに見えます。

takitamiyuki,facebook,instagram,twitter,kaogazou,kao,syasin takitamiyuki,facebook,instagram,twitter,kaogazou,kao,syasin

GoogleMAPで確認したところ、瀧田深雪の自宅アパートは、東京都足立区南花畑4丁目31−8 エーデルブルーメNo.18というアパートであることが判明しました。白い壁に赤いラインという特徴的な塗装が一致しています。

takitamiyuki,facebook,instagram,twitter,kaogazou,kao,syasin

地図で示した瀧田深雪の自宅アパートの東京都足立区南花畑4丁目31−8 エーデルブルーメNo.18は、このようになります。瀧田深雪のアパートは、大鷲通りの交差点に面していることがわかります。

takitamiyuki,facebook,instagram,twitter,kaogazou,kao,syasin

賃貸物件を取り扱うサイトでは、瀧田深雪の住んでいた自宅アパート「エーデルブルーメNo.18」は、2LDKで家賃は6万円前後、最寄り駅までは徒歩20分という内容でした。

takitamiyuki,facebook,instagram,twitter,kaogazou,kao,syasin

瀧田深雪の殺人未遂事件の報道「SNSで殺し屋に依頼」

瀧田深雪の殺人未遂事件についての報道とポイントを確認しておきます。

瀧田深雪の夫殺人未遂のポイント
  • 瀧田深雪の夫が2021年8月7日に男性3人に自宅で襲われる
  • 瀧田深雪と瀧田深雪の娘は無事でケガはなかった
  • 瀧田深雪の夫は全治1ヶ月の大怪我を負った
  • 瀧田深雪の夫を襲った3人は風俗店のスカウトをしており、面識があった
  • 瀧田深雪は実行犯の小西昂太とツイッターを通じて依頼をした
瀧田深雪の殺人未遂事件の報道

東京都足立区のアパートで男性が刺され、男3人が逮捕された事件で、警視庁捜査1課は8日、男性の殺害を依頼したとして、殺人未遂と住居侵入の疑いで、男性の妻、瀧田深雪容疑者(44)=足立区南花畑=を逮捕した。瀧田容疑者は「私は関わっていません」と容疑を否認している。

逮捕容疑は8月7日午前2時半ごろ、共謀のうえ、足立区南花畑のアパートの部屋に侵入し、就寝中の40代男性の胸部を刃物で刺して殺害しようとしたとしている。

男性は全治約1カ月のけがをした。同課によると、逮捕された実行犯の男らが「数週間前にSNSを通じて男性を殺害してほしいと依頼された」という趣旨の供述をしている。瀧田容疑者は施錠された玄関の鍵を開けるなどし、男らを招き入れたとみられる。

引用元:産経新聞

こちらは、瀧田深雪の殺人依頼に協力していた小西昂太と酒井亮太と19歳男性の3人逮捕時の報道です。

瀧田深雪の依頼を受けた犯人が捕まる

東京都足立区のアパートに侵入し、男性を刺したとして、警視庁捜査1課は23日、殺人未遂と住居侵入の疑いで、いずれも住居不詳で職業不詳の小西昂太容疑者(22)と酒井亮太容疑者(22)、荒川区の職業不詳の男(20)=当時(19)=の3人を逮捕した。同課は3人の認否を明らかにしていない。

逮捕容疑は8月7日午前2時半ごろ、足立区南花畑のアパートの部屋に侵入し、就寝中の40代男性の胸部を刃物で刺して殺害しようとしたとしている。

男性は全治約1か月のけがをした。当時、男性の妻と娘もいたが、2人にけがはなかった。男性と容疑者らに面識はないとみられ、捜査1課は金銭目的で侵入した可能性があるとして、詳しい経緯を調べている。

引用元:産経新聞

こちらが、瀧田深雪に夫殺害を依頼され、実行しようとした「小西昂太」と「酒井亮太」です。実行犯は3人ですが、もう1人は19歳だったため、少年法による特定少年の年齢区分のため、実名報道されていません。

takitamiyuki,facebook,instagram,twitter,kaogazou,kao,syasin takitamiyuki,facebook,instagram,twitter,kaogazou,kao,syasin
takitamiyuki,facebook,instagram,twitter,kaogazou,kao,syasin

瀧田深雪は、実行犯の1人である小西昂太とツイッターで繋がり、高額報酬を謳い、夫の殺害を依頼したとのこと。2021年8月の犯行でしたが、実行犯の2人の供述と携帯電話の分析により、妻の瀧田深雪の容疑が浮かび上がってきました。

takitamiyuki,facebook,instagram,twitter,kaogazou,kao,syasin

瀧田深雪の顔画像「やつれた美人妻か」

瀧田深雪の顔画像について調査を進めてきました。瀧田深雪が娘もありながら、どういった理由で夫を殺害しようとしていたのかはこれから語られることでしょう。しかし、瀧田深雪の夫になんらかの原因があった可能性も考えられます。

参考にあげた、三浦咲子や鹿毛陽子などのようにルックスもよく店舗経営などに精を出していたにも関わらず、夫の妨害や攻撃に耐えられなくなり、瀧田深雪も犯行に及んだ可能性があります。瀧田深雪が美人妻であったとしても、殺人計画を遂行するという非常事態に事件前後にはやつれてしまっていたでしょうね。

岡山居眠り運転事故・林田覚の顔画像特定か「集中力なさそうな高齢者」

片桐広二郎の無差別大量殺人はデマ?「いじめの復讐で乗っ取り」

戸田恵梨香も適応障害で休業か?「業界では妊娠説も浮上」

兵庫県加西市死体遺棄・関口羊佑の職場特定

眞子様のPTSDは嘘!「PTSDで結婚とか引越しムリだから!」患者激怒

error: