サチモスHSU死因が病気癌はデマか「10月7日小田急江ノ島線急行で音楽家死亡事故か」Suchmosベース死去

Suchmos,be-su,bass,hsu,satimosu,siinn,byouki,dema,odakyuu,odakyuusen

2021年10月15日、人気バンドSuchmosでベースを担当していたHSU(読み方はスー)(小杉隼太)さんが死去していることが発表されました。死因や死亡日時は非公開とされています。

サチモスHSU(小杉隼太)さんは2019年に腫瘍の摘出手術をしており、順調に回復に向かっていると報じられていました。一部の噂では、サチモスHSU(スー)(小杉隼太)さんの死因は、病気ではなく小田急線急行での飛び込みによる人身事故であるとされています。SuchmosベースのHSU(小杉隼太)さんの死因について真相に迫ります。

HSUの死因は薬物過剰摂取?「サチモスに大麻使用の疑惑あり」

甲府放火事件まとめ「事件の全貌あきらかに」長女にLINEのブロックされた

佐賀銀行自動車突入事件「賠償額は2億円超える?!」

成海瑠奈は鈴木りょうたのガールズバー店員だった「元キャストが暴露」

小田急線急行で人身事故「32歳音楽家が死亡」→HSUの可能性は?

Suchmos,be-su,bass,hsu,satimosu,siinn,byouki,dema,odakyuu,odakyuusen

サチモスHSU(小杉隼太)さんだと断定できる報道はありませんが、2021年10月7日、午前7時10分頃に32歳の音楽家が、小田急江ノ島線急行の人身事故で亡くなっています。ちょうど、SuchmosベースHSU(小杉隼太)さんも「32歳で音楽家」という共通点から、SuchmosHSUさんが飛び込みを図ったのではないかと噂が流れるようになりました。当時の報道がこちら。

32歳音楽家が人身事故で死亡

 7日午前7時10分ごろ、相模原市南区東林間5丁目の小田急江ノ島線の東林間─中央林間間で、同区在住の音楽家の男性(32)が藤沢発新宿行きの急行電車にひかれ、死亡した。

小田急電鉄によると、相模大野─大和間で一時運転を見合わせ、上下33本に最大1時間25分の遅れ、約2万100人に影響した。

引用元:カナコロ

SuchmosHSUの死因「人身事故なら自殺の可能性は」

電車の人身事故と来ると多くの人が自殺を連想してしまいます。サチモスHUSさんの死因が人身事故で合った場合には、HSUさんにもその可能性があったと考えてしまうのも仕方がありません。

10月7日に発生した小田急江ノ島線の人身事故に際して、地元民のやり取りでこういったものがありました。東林間駅~中央林間駅の間は自殺の名所であるというものです。

HSUの死因が人身事故だった場合…自殺か?

>江ノ島線で挽き肉さわぎ

>あの線、自殺の名所ですよね

>直線長い駅が多いんでね 今回起きたところとか ほんと名所ですよね…

Suchmos,be-su,bass,hsu,satimosu,siinn,byouki,dema,odakyuu,odakyuusen

上述の10月7日の小田急江ノ島線の人身事故は、東林間駅から中央林間駅の間で発生したと記載があります。GoogleMAPで調べたところ、この1駅の間に4つの踏切がありました。

こちらの画像が北側にあるのが東林間駅で、南側にあるのが中央林間駅です。この間にサチモスHSU(スー)さんが人身事故に遭った可能性のある踏切が4つありました。

Suchmos,be-su,bass,hsu,satimosu,siinn,byouki,dema,odakyuu,odakyuusen

こちらが小田急江ノ島線東林間駅と中央林間駅の間にある踏切の1つ目。

Suchmos,be-su,bass,hsu,satimosu,siinn,byouki,dema,odakyuu,odakyuusen

こちらが小田急江ノ島線東林間駅と中央林間駅の間にある踏切の2つ目。

Suchmos,be-su,bass,hsu,satimosu,siinn,byouki,dema,odakyuu,odakyuusen

こちらが小田急江ノ島線東林間駅と中央林間駅の間にある踏切の3つ目。

Suchmos,be-su,bass,hsu,satimosu,siinn,byouki,dema,odakyuu,odakyuusen

こちらが小田急江ノ島線東林間駅と中央林間駅の間にある踏切の4つ目。

Suchmos,be-su,bass,hsu,satimosu,siinn,byouki,dema,odakyuu,odakyuusen

こちらは中央林間駅のホームの様子ですが、見晴らしがよく電車の接近にも気づきやすいと思われます。小田急江ノ島線急行は、最大で100km/hの速度を出すことができるとのことで、踏切が遮断しているにも関わらず踏切内に侵入していた場合には、気がついても間に合わない可能性もあります。またミュージシャンが普段持参している機材や楽器のサイズを考えると、踏切内に入ってしまった場合、かなり危険であることは容易に想像できます。

10月7日の小田急江ノ島線の人身事故に関するツイートを探っていくと事故当日の画像が発見できました。

Suchmos,be-su,bass,hsu,satimosu,siinn,byouki,dema,odakyuu,odakyuusen

警察が複数いますが、ホームではなく駅と駅の間の線路が事故現場のようです。

Suchmos,be-su,bass,hsu,satimosu,siinn,byouki,dema,odakyuu,odakyuusen

小田急江ノ島線の人身事故は、やはり踏切付近での事故でした。

Suchmos,be-su,bass,hsu,satimosu,siinn,byouki,dema,odakyuu,odakyuusen

小田急江ノ島線のホームの線路に駅員が立ち入り、安全確認を行っています。

Suchmos,be-su,bass,hsu,satimosu,siinn,byouki,dema,odakyuu,odakyuusen

亡くなった人物が32歳の音楽家と報じられていますが、現地でHSUさんを見たという書き込みは見当たりませんでした。サチモスHSUさんの死因が人身事故ではないことを祈ります。

HSUの死因はオーバードーズか「suchmosに大麻使用の疑惑あり」

所属事務所SPACE SHOWER MUSICの発表「ベースHSUが永眠」

Suchmosが所属する事務所、SPACE SHOWER MUSICからは2021年10月15日にベースのHSUさんが亡くなった旨を発表しました。こちらが発表された文書です。

Suchmos,be-su,bass,hsu,satimosu,siinn,byouki,dema,odakyuu,odakyuusen
スペースシャワーミュージックからHSU死去の発表

Suchmosを応援して下さっている皆さんに謹んでご報告いたします。

Suchmosのベーシスト、HSUこと小杉隼太が永眠いたしました。

バンドは現在活動休止中ですが、HSUは様々なアーティストをベーシストとしてサポートし、また自身のプロジェクトを立ち上げ、楽曲の制作活動を前向きに取り組んでいました。

そんな中での突然の悲報に接し、メンバー、スタッフ共に、未だ現実を受け止めきれない状況で、戸惑い悲しんでおります。

なお、葬儀はご遺族の意向により近親者のみにて執り行われました。

皆様におかれましても静かにHSUを見送っていただけますよう、お願い申し上げます。

HSUの冥福を心より祈るとともに、生前HSUに多大なるご厚情と応援をいただいた皆様に、心より感謝申しあげます。

Suchmos,be-su,bass,hsu,satimosu,siinn,byouki,dema,odakyuu,odakyuusen

引用元:サチモスHSU 公式インスタグラム

ジャミロクワイを彷彿とさせるアシッドジャズのテイストで、デビューから一気に人気アーティストへと駆け上がっていったSuchmos。テクニカルなベースとリズムの要であったベースHSU(スー)さんの若すぎる死を悼むファンがSNSで感謝とお別れを告げています。まだ結婚してまもなく、生まれた子供も小さく、HSUさんの人生はこれからというタイミングでした。いち音楽ファンとしても非常に残念でなりません。

サチモスHSUの死因は癌だった説「若いガンは進行が早い」

SuchmosのベースHSUさんは、2019年に腫瘍の摘出手術を行っています。事務所の発表では順調に回復しているとのことですが、この腫瘍がどういった病気だったのかまでは公表されていません。

当時のHSUの腫瘍摘出手術についてのSPACE SHOWER MUSICの発表内容がこちら。

HSUが腫瘍摘出時のSPACE SHOWER MUSICの発表

いつもSuchmosを応援して頂き、誠にありがとうございます。
メンバーHSU(Ba.)の体調不良が原因の入院による公演の延期、キャンセルとご心配をお掛け致しております。

先日の『Suchmos ASIA TOUR 2019』公演中止の際に皆様にご報告させていただいた精密検査で身体に腫瘍が見つかり、6月3日(月)に摘出手術を行いました。腫瘍の摘出手術は成功し、術後も順調で退院しており、現在は快方へ向かっております。

応援していただいている皆様、関係者には大変ご心配、ご迷惑をおかけいたしましたこと深くお詫びいたします。

なお、今後再開される『Suchmos ARENA TOUR 2019』7月7日(日)朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター、7月15日(月・祝)福岡国際センターと、9月8日(日)『Suchmos THE LIVE YOKOHAMA STADIUM』公演、7月13日(土) Hot Stuff Promotion 40th Anniversary “HEADZ -Beggars Banquet-”、 8月18日(日) SUMMER SONIC 2019に関しましては、予定通りの出演に向けて準備を進めております。

この度は、皆様にご心配をお掛け致しました事、重ねてお詫び申し上げますと共に、今後とも変わらぬ応援のほど、どうぞよろしくお願い致します。

Suchmos
株式会社スペースシャワーネットワーク
F.C.L.S.

引用元:SPACE SHOWER MUSIC

一部の素人医学では、「若い人は癌の進行が早い」と言われていますが、医学の世界ではそういった事実は無いとされています。若い人が発症する癌がたまたま進行が早いものであったパターンを複数見かけただけだと言われています。

いずれにしてもHSUさんが摘出手術した腫瘍が悪性のものか良性のものかさえ、発表されていませんし、癌という事実もありません。手術は成功していると発表されているため、HSUさんの死因が癌であるという説には否定的なファンが多いのです。

ネットの反応「なんで職業を音楽家と報道した?」

サチモスベースHSU(小杉隼太)さんの死を悼むアーティストやファンが大勢いる中で、死因や死亡日時が公開されていないことから憶測を読んでいます。かねてからの腫瘍が原因なのか、コロナに感染してしまったことによる死なのか、あえてSuchmosベースHSU(小杉隼太)さんの死因を発表していないことに何らかの意図があるのではないかと勘ぐっているようです。

ただの噂であってくれと願うファン
  • あえて音楽家って言ってるのはあれか?実は後でそれが名のしれたアーティストだったと判明するとかまでセットなのか?
  • 年齢が同じSuchmosのベースが亡くなったって報道出たけどまさか。。。
  • 10/7の相模原の小田急江ノ島線で音楽家の男性はねられ死亡ってやつまさか
  • 江ノ島線で人身事故に遭ったことがフラッシュバックしてきて、さらに歳が近いこととか色々重なって辛いです
  • まさかね、、まさかだよね???
  • もしこれが本当にHSUさんならやりきれないよ
  • 残されたご家族の心中察するに余り有る…
  • まさか違うよね。。

SuchmosベースHSU(小杉隼太)の死亡報道

サチモスベースHSU(小杉隼太)さんの死因や死亡時刻については所属事務所も発表しておらず、2019年に腫瘍摘出手術が成功し、回復に向かっていたことが語られており、ますますSuchmosベースHSU(小杉隼太)さんの死因に謎が深まります。

HSU(小杉隼太)の死因は非公開

6人組ロックバンド、Suchmos(サチモス)のベース、HSUこと小杉隼太さんが亡くなったことが15日、分かった。バンドの公式ホームページで発表された。32歳だった。

サイトで小杉さんの訃報を伝えた上で、近況について「バンドは現在活動休止中ですが、HSUは様々なアーティストをベーシストとしてサポートし、また自身のプロジェクトを立ち上げ、楽曲の制作活動を前向きに取り組んでいました」。また「メンバー、スタッフ共に、未だ現実を受け止めきれない状況で、戸惑い悲しんでおります」とつづった。

小杉さんは19年に体調不良により入院し、精密検査の結果見つかった腫瘍の摘出手術を行ったことを報告。当時、所属事務所は「腫瘍の摘出手術は成功し、術後も順調で退院しており、現在は快方へ向かっております」と説明していた。バンドは今年2月から活動を一時休止しているが、関係者によると、休止後もサポートミュージシャンとして活動していたという。

死因や亡くなった日時は明らかにされていないが、葬儀は遺族の意向で近親者のみで執り行われたという。「HSUの冥福を心より祈ると共に、生前HSUに多大なるご厚情と応援をいただいた皆様に、心より感謝申し上げます」と結んだ。

Suchmosは、楽曲「VOLT-AGE」が18年のサッカーW杯ロシア大会のNHKテーマソングに選ばれ、同年の紅白歌合戦に初出場。今年2月に一時活動休止を発表していた。

引用元:日刊スポーツ

 

Suchmos HSUの死因は癌ではない「人身事故で自殺の可能性あり」

サチモスHSU(スー)さんの死因が公表されていないため、HSUさん始めSuchmosの活動再開を大いに期待していたファンは、「なぜこんなに早く…」という気持ちで、その真相を探っています。結婚して子供も生まれ、若年層の音楽ファンを虜にする腕前がありながら、自殺という選択肢がサチモスHSUさんにあったのかもしれません。

しかし、それと同時に、サチモスHSUさんは2019年に摘出手術を成功させており、経過も順調で回復に向かっていると報じられていました。ファンを心配させないために、癌であることを隠していたという可能性もあります。時勢的にはコロナ感染なども候補に上がりますが、緊急事態宣言も先日まで出ていたため、バンドの印象低下を考慮するとコロナ感染で死去というのは発表しにくいでしょう。

いずれにしてもHSUさんを伴ってSuchmosが復活することがないことに深い悲しみを禁じ得ません。

HSUの死因はオーバードーズか「サチモスメンバー複数名に薬物疑惑」

甲府放火殺人の犯人特定「自宅前で口論する娘と男がいた」

眞子様のPTSDは嘘!「PTSDで結婚とか引越しムリだから!」患者激怒

櫻井翔の結婚相手「広瀬アリス似の美女だった」

相葉雅紀の結婚相手が判明か「元銀座のホステス」