ランジャタイのネタで放送事故?経歴やエピソードが鬼ヤバすぎる!

ランジャタイ、つまらない、M-1、敗者復活、おもしろい、由来

M-1の敗者復活では、決勝への進出権通称・ワイルドカードを勝ち取るために白熱した野外ステージが繰り広げられます。

野外のライブステージを生放送では、他の芸人とは違うベクトルでエネルギーを放出していたランジャタイに注目が集まっています!

奇妙なネタの理解不能な展開!天才芸人としても名高いようで、意外とテレビ出演もしていました!どんな芸人なのでしょうか?興味津々になるランジャタイについて調べてみました!ヤバすぎる頭のおかしいエピソードがたくさんでした!

Sponsored Link

ランジャタイのプロフィール!

ランジャタイ、つまらない、M-1、敗者復活、おもしろい、由来

現在の所属事務所:グレープカンパニー(サンドウィッチマンや高橋英樹・高橋真麻親子が所属している事務所です)

左:伊藤 幸司  右:国崎 和也

YOUTUBE:ランジャタイぽんぽこちゃんねる

ランジャタイ・伊藤幸司(ツッコミ)

1985年11月18日生まれ・A型

TwitterInstagram

ランジャタイのまともそうに見える方。でもホントはヤバイ方。

ランジャタイ・国崎和也(ボケ)

1987年9月3日生まれ・A型

ランジャタイのどうみてもヤバそうな方。

TwitterInstagram(名前が全然違うのですが、国崎さんのSNSだそうです)

ランジャタイのコンビ名の由来

ランジャタイ、つまらない、M-1、敗者復活、おもしろい、由来

引用元:wikipedia

蘭奢待(らんじゃたい)という正倉院に収蔵されている香木が由来だそうです。(香木とは、白檀など良い香りのする木ですね)

この蘭奢待は、天下を取った人した所有することができなかったものだそうで、お笑いで天下を取るぞという願いが込められているようですね!

笑いに熱いことがわかりますね!ネタのテイストからそれを本気で思っているのか、戸惑ってしまいますが笑

ランジャタイのお笑いファンの評価は?

論理や筋道が全くないネタがランジャタイのスタイル。お笑いファンの評価も分かれる、賛否両論の芸風です。

M-1敗者復活戦にて、銀シャリ橋本さんは「どうやってネタを書いているか全くわからない」と言わしめるほど。

ただ、どの芸人とも被っていないネタのテイストに一目置かれることもしばしば。一部では「天才芸人」とも呼ばれています!

嫌いな芸人ランキングや、売れないと思う芸人に名前を連ねることも多いことも特徴のひとつだと思います。嫌われエピソードも多く、後の項目で話していきたいと思います。

ランジャタイのファンは、生で見てこそわかる真のお笑い、1度見ただけでは理解しきれない芸術性・創作性の高さが魅力と語っています。

Sponsored Link

ランジャタイのヤバすぎる経歴!

ランジャタイ、つまらない、M-1、敗者復活、おもしろい、由来

ランジャタイは、NSC出身!クビエピソードがヤバい

2人は、NSC(吉本総合芸能学院)の東京校12期生として養成所に通っていました。

渡辺直美、ジャングルポケット、ジェラードンと同期ということになります!

ランジャタイは2人とも顔が幼いですが、芸歴が同じぐらいのメンツと比べるとより顕著なように思いますね。

髪が長い伊藤さんの奇行およびトガりすぎが原因で、3ヶ月で吉本興業をクビになってしまいました。後を追うように退所した国崎さんとで「ランジャタイ」を結成したのです!

クビの原因になる行動もすごいですよ。

当時のNSCが仲良しクラブのように見えた伊藤さんが、「お前ら、ここは仲良しクラブじゃないんだよ!!」って一喝したところ、スタッフに羽交い締めにされて、校長室に連れて行かれたんだとか…。尖ってるなぁ。キレたナイフですよ。

ランジャタイは事務所を転々

所属事務所も転々としています。事務所もマネージメントの方向性が見いだせなかったのでしょうか?

2007年頃:SMA NEET Project(ソニー・ミュージックアーティスツのお笑い部門)
子役のオーディションに当時25歳ぐらいで受けさせられたことを機に退所。

以降、5年ぐらいフリー時代が続きます。

2015~2018年:オフィス北野

2019年~:グレープカンパニー

狂気のフリー時代の単独ライブ活動

とあるインタビュー記事によると、フリーの時代に自分たちのために・自分たちの家で・単独ライブをやったんだとか…。

国崎さん「フリーだしライブの場もないですからね。ここからは、本当にヤバイというか、にわかには分かりにくい話だと思うんですけど(笑)、本当の話だから、しばらくお付き合いくださいね。自分たちの家で、自分たちがお客さんになって“ライブ”をやってたんです。分かりにくいですよね?まずネタを何本か作って、映像に収めて、日にちも決めて、『ランジャタイ単独ライブ』のチラシも作るんです。そして、僕らがたまたまチラシを見てライブ会場、といっても、自分たちの家なんですけど(笑)、ライブに来たお客さんということになって、ネタを見て、ライブが終わったらアンケートも書くんです。それを十数回、1年くらいやりましたかね」

芸人が惚れる芸人「ランジャタイ」!!(Yahoo!!ニュース)

お笑いって外に向かって頑張るものだと思ってたけど、これは精神修行的なものなのでしょうか…。このエピソードを話すために1年を棒に振ったという説明をされたら、「ランジャタイならありえるな」と納得してしまうんですよね。

Sponsored Link

M-1の敗者復活で放送事故レベルのネタを披露

欽ちゃんが大好きという国崎さんの衝動的な行動に伊藤さん。欽ちゃんの仮装大賞に参加して欽ちゃんに会いたいといい、劇中コント形式で漫才が進んでいきます。

なぜか焼き鳥屋を任させる伊藤さんが戸惑いながら、「沼に嵌る仏」という演目を続ける国崎さん。文字で見ても全く理解できないですね。

賞レースに万人の理解を超えるネタを持ってくるという判断力にヤバさを感じてしまいますね!

かつての賞レースの結果

ランジャタイ、つまらない、M-1、敗者復活、おもしろい、由来

2015年 第14回漫才新人大賞 決勝進出
2017年 M1グランプリ準決勝進出
2018年 M1グランプリ準々決勝進出
2019年 M1グランプリ準々決勝進出
2020年 M1グランプリ準決勝進出

意外と好記録を残している印象ですが、お笑い第一線でやっていくためには、まだ2段階ぐらい足りていない印象。

しかし、この間も着々と視聴者の印象に残っていくランジャタイ。

Sponsored Link

実は、ゴッドタンなどの人気番組に出演していた?

ランジャタイ、つまらない、M-1、敗者復活、おもしろい、由来

引用元:ゴッドタン

まだまだ深夜枠での起用が多いですが、しっかりと強烈なインパクトで知名度を上げているランジャタイ!

過去の出演では、どんな爪痕を残したのでしょうか?

ゴッドタン:企画「こいつは天才だ!と一目置かれている芸人」

ランジャタイ、つまらない、M-1、敗者復活、おもしろい、由来

引用元:ゴッドタン

地下でくすぶっている実力派芸人たちをスターダムに引き上げようというする芸人に良心的な企画。

そういった芸人層に詳しいお笑いイベントの制作会社であるK-PROの児島さんによると、「ランジャタイの笑いが分かるか分からないかが今の若手の一つの線引きとなっている」と発言。

「ランジャタイを知らない人はお笑い芸人はモグリだ」とまで言うと、劇団ひとりさんも「も、もちろん知ってるよ!」と動揺していました。

プロデューサーの佐久間宣行さんのピックアップだと思われますが、この企画のメンバーはさすがの人選でしたね!

当のランジャタイ本人たちは後日ですが、「チャンスを掴めなかった」「売れるかどうかのターニングポイントで失敗した」と話しています。

「にちようチャップリン」や「有田ジェネレーション」にも出演!

ランジャタイ、つまらない、M-1、敗者復活、おもしろい、由来

引用元:にちようチャップリン

ネタ番組に出演した際は、先輩芸人からネタ自体をしっかり評価されていましたね!

有田ジェネレーション」では、当時チャンピオンだったジェラードンへの下剋上の権利を獲得するため、数多くの芸人が挑戦する中、ランジャタイのチャレンジでは有田哲平の「再試合」の判定。

ジェラードンの構成やキャラクターのしっかりとしたネタと同等の評価を下したといっても過言ではないでしょうか。

過去にフワちゃんとトークライブも開催!

まだフワちゃんが爆発的に売れる前ですが、ランジャタイとフワちゃんでトークライブを開催していました!

地獄のような展開になりそうですが、今となっては相当貴重なライブだと言えるでしょうね!

ランジャタイもフワちゃんと同じステージに上がるようになったら、是非フワちゃんとのトークライブを再び開催してほしいですね!

Sponsored Link

ランジャタイが地上波で活躍する日は近い?

ランジャタイ、つまらない、M-1、敗者復活、おもしろい、由来

強烈なネタにより、M-1の敗者復活以前から、沸々と知名度をあげてきていたランジャタイ。

コアなファンだけが応援していた時代を過ぎ、ランジャタイの笑いを応援したいというお笑いファンの層が出来上がってきている印象です。

まだまだ深夜番組での稀に露出する程度ではありますが、業界注目のM-1で敗者復活戦まで勝ち残れたことは、ランジャタイにとって大きな1歩になったことでしょう。

敗者復活戦の結果は最下位でしたが、審査のために出演していた芸人やMCの陣内智則さんにもイジってもらっていたところを見ると、何か可能性を感じてもらっているな、という雰囲気でしたね!

私自身、あの意味不明で理解者が少ないネタを承知でスタイルを崩さずに貫いて、芸歴を積み重ねている姿勢に好感を持っています。芯に熱いものを持っているランジャタイが日の目を見ることを願っています。

狂気の自宅単独ライブのエピソードでも分かる通り、本当に好きでやり続けている、お金や知名度はその後に付いてくるという信念ですよね。

きっとランジャタイの唯一無二の芸風が光る日も近いですよ!

Sponsored Link