西野修殺人事件の犯行動機「父の痴呆で介護キツくなった」高槻市摂津富田事件・息子が父親を殺害

nisinoosamu,settutonda,jiken,satujin,keisatu,musuko,satugai

2021年10月14日、大阪府高槻市桜ケ丘南町に住む西野修(83)が、息子に殺害されて亡くなりました。息子は寝屋川市の警察に出頭して逮捕されています。高槻市桜ケ丘南町の西野修の息子は「父を刺した」と供述しています。

摂津富田駅付近の住民は親殺しの事件があったとして騒然としています。西野修を殺害した息子は近所では優しい息子で知られていましたが、犯行動機は謎に包まれています。摂津富田に住む西野修の息子の犯行動機を探るべく調査を進めました。

甲府市放火強盗事件の犯行動機「私怨か金銭トラブル」血痕みつかる

石川花の美女画像まとめ「母はロシア人美女」

成海瑠奈は鈴木りょうたのガールズバー店員だった「元キャストが暴露」

甲府放火殺人の犯人特定「上の娘の先輩がストーカー化した」

西野修殺人事件の動機「痴呆進み、わがまま増えた」

摂津富田の50代の西野修さんの息子も会社で言えば、働き盛りで重要なポストを任されていたということは十分に考えられます。仕事と高齢の両親の介護を両立させることは、多くの人にとって困難なことです。83歳で殺害された西野修さんは、痴呆が進行し、息子の懸命な介護にも素直に聞き入れることができなくなっていたのです。介護施設で暮らすことや通うことも嫌がる高槻市桜ケ丘に住む西野修さんを日々苦悩しながら介護と仕事の両立を続けてきた摂津富田の西野修さんの息子の器は満杯になってしまいました。

このあと紹介しますが、周囲にも評判が良かった西野修さんの息子。また、高槻市桜ヶ丘の西野修さん自身も息子のことを周囲に自慢していたことが判明しています。仲睦まじい家族を壊してしまう痴呆症が悔しいですが、痴呆の進んだ老人の介護は24時間何が起きるかわかりません。高槻市桜ケ丘で殺害された西野修さんの息子も限界まで耐え抜いたことが容易に想像できます。

殺害された摂津富田西野修「優しい1人息子で、父も自慢していた」

摂津富田で殺害された西野修さんは、周囲に家族の仲が良いということを嬉しそうに語っていたというタレコミを発見しました。優しかったはずの息子が何故、父親を殺害してしまったのでしょうか。しかも、摂津富田の西野修さんは首付近に傷があり、殺意があった攻撃であると推測できます。

nisinoosamu,settutonda,jiken,satujin,keisatu,musuko,satugai
家族仲を自慢していた父が殺害された

摂津富田駅の近くで親殺しの殺人事件あったんやけど知ってる人だったからショック…
息子さんが犯人なんだけど、常識ある感じの理知的な息子さんやったんやけどなあ
殺されたお父さんもいつも息子に迷惑かけながらだけど楽しくやってるって話てたとこやったのに
Nさんボケが進んでから介護疲れかNさんの癇癪押さえきれなかったんかなあ
ご冥福をお祈りいたします

摂津富田・西野修殺害事件の犯行現場「大阪府高槻市桜ケ丘南町2-8」

報道写真から、摂津富田で殺害された西野修さんの自宅は特徴的バルコニーの構造をしていることがわかります。GoogleMAPで調べたところ、事件現場の住宅と一致する建物を発見しました。

nisinoosamu,settutonda,jiken,satujin,keisatu,musuko,satugai

高槻市桜ケ丘の西野修さん殺害事件の報道映像とバルコニーの特徴が完全に一致しています。

nisinoosamu,settutonda,jiken,satujin,keisatu,musuko,satugai

また「西野修」さんの氏名で住所検索すると「大阪府高槻市桜ケ丘南町2-8」がヒットするため、この住宅が犯行現場とみて間違いありません。西野修さん殺害事件の報道の通り、JRA摂津富田駅から300mほどの距離にある犯行現場でした。

nisinoosamu,settutonda,jiken,satujin,keisatu,musuko,satugai
nisinoosamu,settutonda,jiken,satujin,keisatu,musuko,satugai

西野修殺人事件の概要「家族3人仲良さそうだったのに」

高槻市桜ケ丘南町の西野修さん殺害事件の報道内容を振り返っておきましょう。西野修さんの息子は、報道でも近隣住民の評判は良く、優しそうだったと語られています。

父親殺害事件の概要

14日午前8時5分ごろ、大阪府高槻市桜ケ丘南町の住宅で「夫が寝室で倒れている」と同居する妻(77)から119番があった。府警によると、救急隊が駆け付けたところ、住人の無職、西野修さん(83)が和室で血を流して倒れており、その場で死亡が確認された。首付近に傷があり、府警は殺人事件とみて、出頭した同居の息子(51)から事情を聴いている。

西野さんは妻と息子と3人暮らし。捜査関係者によると、息子は自宅を離れていたが、寝屋川市内の交番に14日午前、出頭したという。

現場はJR摂津富田駅から南東約300メートルの住宅街。近所の男性会社員(47)は「西野さんは温厚でおとなしい人だった。一体何があったのか。事件だとしたら信じられない」と動揺した様子だった。

引用元:産経新聞

西野修殺人事件の犯行動機「急速に進む痴呆と溜まるストレス」

高槻市桜ヶ丘で殺害された西野修さんは83歳と高齢でした。妻の年齢も70代で、一軒家で裕福な暮らしをしながらも、やはり50代の息子1人で2人の介護をしながら働くことは難しかったのかもしれません。痴呆症の進行を緩める薬もありますが、年齢を重ねるに連れて介護の難易度や肉体的負荷も上がっていきます。

50代の西野修さんの息子も決して若いというわけではなく、介護のストレスと仕事のストレスがどんどん溜まっていったとみて間違いないでしょう。どうしようも介護と仕事が両立できない場合、介護施設で暮らしてもらうという手段もあるはずですが、多くの老人は慣れない介護施設で暮らすことを嫌がります。わがままがエスカレートして、西野修さんの息子は、父親である西野修さんを殺害してしまったのです。

河野智の顔画像特定か「お祭り男で嫌われ者」

甲府市蓬沢放火犯の犯行動機「同じ部活動でイジメられていた」

甲府放火殺人の犯人特定「上の娘の先輩がストーカー化した」

ミス・ティーン・ジャパングランプリ・石川花の美女画像まとめ「母はロシア人美女」

error: