三浦春馬が自殺…理由はプレッシャー?小栗旬が見抜いていた?過去にも役者辞めようと…

三浦春馬

日本のドラマ・映画の大きな柱となっていた三浦春馬さんが、天国へ旅立ってしまいました…

とにかく、ショックが大きすぎます…

日本がトップレベル俳優を失ってしまいました…

Sponsored Link

三浦春馬が自殺…

ニュースでご存知の通り、7月18日午後1時頃に自宅のクローゼットで、遺体として発見されたそうです。

遺書のようなものが残されていたと報道されています。

Sponsored Link

三浦春馬が自殺した理由は?

遺書の内容は公開されていません。アミューズの看板俳優として、スター街道まっしぐらだった三浦春馬さん。

これまで、多くの作品で主演やメインキャラクターを演じているなかでのプレッシャー、大手事務所の看板という尋常ではないプレッシャーが思いつめさせたのではないか?と言われています。

2012年の記事ですが、こういったことが売れっ子俳優として何度もあったのではないでしょうか?

2009年10月から12月まで放映されたドラマ『サムライ・ハイスクール』(日本テレビ系)、翌年2010年1月から3月まで放映されたドラマ『ブラッディ・マンデイ Season2』(TBS系)と、若手俳優としては異例である2クール続けての主演となった三浦。この2つのドラマの厳しい日程での撮影が、彼を精神的に追い詰め、失意のどん底に陥れたようだ。

『サムライ・ハイスクール』撮影時、今までに感じたことの無い疲労感に襲われたそうだ。主演としてずっと出ずっぱりのドラマで、あまりの忙しさに「自分の許容範囲を超えてしまった。」と語る。そしてある日ドラマの撮影が休憩に入り楽屋に戻った時、突然に三浦は携帯で“農業学校”の検索を始めたという。「役者をやめて俺は農業の道に行こう。」その時の精神状態は自分でも説明がつかないだろう。「とにかく今の状態から逃げ出したい、故郷(茨城)へ戻りたい。」この一心だったのだ。この時は母親に説得され思い止まったものの、すっかり俳優として自信が無くなってしまったらしい。

引用元:Techinsight

Sponsored Link

その続きです。

忙しすぎて、仕事のクオリティを維持できないこともあったのだとか。

若手俳優のころだったと思うのですが、「キャパオーバーしました」なんて絶対に三浦春馬さんは言い出さないですもんね。

続いての『ブラッディ・マンデイ Season2』の撮影では、全く台詞を覚えられずに現場に入ったことがあった。すると監督から「おまえ座長(主役)なんだからさ。」とこっ酷く怒られたそうだ。すると今まで話を聞いていた寺脇康文(49)が、「主役の仕事って現場の空気を作るのも、責任があるんだよね。」と優しく諭す。三浦は内向的で人とかかわるのが苦手だったといい、現場のことまで考えていなかった。しかし監督に怒られ、「なんて自分は、無責任だったんだろう。」と泣いて猛反省したそうだ。このことを機に三浦は“芝居で主役を担うこと”の意味を理解し、精神的に強くなることができたという。

引用元:Techinsight

完璧主義な三浦春馬だから陥った失意

スタイルや顔、ファッションからもみて分かる通り、プロ意識の高さはアミューズ、ひいては日本の芸能界の看板役者であることは、誰の目にも明らかですね。

上記のコラムのように、セリフを覚えずに現場入りしてしまうなど、本人が一番不本意なことは容易に想像がつきますね。

「自分の許容範囲を超えた」というフレーズがありましたが、バラエティにドラマにインタビューに、と仕事が大変な中、自分が納得できる仕事のクオリティと実際の仕事の出来とのギャップが三浦春馬さんを苦しめていたのかもしれません。

「仕事をセーブしてほしい」なんて三浦春馬さんは絶対に言い出さないだろうし、そんなことを他人に悟らせるような人物でもありませんよね。

キーンキーブーツでのドラァグクイーンの好演や、ダンス・歌唱を見ても分かる通り、初めてのチャレンジでも努力してプロのクオリティを披露し続けてきてくれましたね!

交友関係も広く、有人や仲間を大切にしていたことがよく知られています。プライベートも仕事も完璧に走りすぎたのでは、と今思うと。

Sponsored Link

三浦春馬に詰め込まれすぎた仕事

三浦春馬

ルックスのよさ、トーク力、ダンスに歌。なんでも出来てしまうからこそ、仕事のジャンルが多方面に。

そしてその人気ゆえに、スケジュールもキッチキチまで仕事が入れられている状況なのではないでしょうか?

これが、2020年夏の三浦春馬さんの仕事のスケジュールです。業界の知見がなくても、ドラマに映画に楽曲リリースが重なれば、尋常ではない忙しさなのも理解できますよね。

毎週木曜22時45分~NHK「世界はほしいモノにあふれてる」
MC:三浦春馬、JUJU

2020年7月23日公開「コンフィデンスマンJP -プリンセス編-」
長澤まさみ、東出昌大、三浦春馬

2020年7月24日「ミュージックステーション」
嵐、Official髭男dism、SixTONES、乃木坂46、三浦春馬

2020年8月15日NHK「太陽の子」
柳楽優弥、有村架純、三浦春馬

2020年8月26日
三浦春馬セカンドシングル『Night Diver』リリース

2020年9月期連ドラTBS「おカネの切れ目が恋のはじまり」
松岡茉優、三浦春馬

2020年秋 Haruma Miura「Show Case Live 2020」
東京・大阪公演予定→配信ライブへ変更

2020年12月~日生劇場ミュージカル「The Illusionist-イリュージョニスト-」
主演:三浦春馬

2021年公開「ブレイブ ‐群青戦記‐」
新田真剣佑、三浦春馬

Sponsored Link

小栗旬が見抜いていた、三浦春馬の脆弱さ

沢尻エリカさんの薬物使用での逮捕のときもインタビュー内で薬物依存を諭すようにしていた小栗旬さん。洞察力の鋭さは国内随一と言われています。

以前、映画「銀魂2」でのインタビューの際も、三浦春馬さんに「ちゃんと生きててほしい」「春馬はちょっと危なっかしい存在」と語っています。

そのインタビューがこちら。

― 逆に小栗さんにとって三浦さんの存在は?

小栗:やっぱり気になる存在ですよね。心配するときもあるし、ちゃんと生きててほしいなって思います(笑)

― ただの先輩後輩という関係だけでなく、それ以上のなにかを感じます。

小栗:僕からすると年下の俳優の中でも、春馬はちょっと危なっかしい存在だなって(笑)。我も強いし、変な意味で馴れ合うのも好きじゃないから、自分のスタンスでいいんだけど…

三浦:自分のスタンスでいいんだけど、自分のスタンスがわからなくなっちゃうんですよね(笑)

小栗:(明確なことは)わからないけど、ずっと気になっている存在には変わりないです。

引用元:モデルプレス

小栗旬さんも仕事に真面目に向き合う中で乗り越えてきた苦悩を、三浦春馬さんも抱えていたのをみつけたのか、兄のような目線で見守っていたことが伺えます。

お兄ちゃんのように器用にできたらよかったのに…

Sponsored Link

とにかく三浦春馬さんのご冥福をお祈りいたします。そして、彼の出演した作品が後世にしっかり残って評価されていきますように。

もう2度と会えないと思うと涙が流れてしまいますね。

Sponsored Link