黒木成のfacebook顔画像特定か「恐怖に従うキョロ充」鹿児島県薩摩川内市・クレーンつりあげ溺死事件

kurokinaru,kaogazou,facebook,gazou,kaisya,kinmusaki,syokuba

2021年11月3日、黒木成(くろきなる)(25)ら4人が、逮捕されました。2021年8月26日に鹿児島県薩摩川内市の川内川の補修工事で使用していたクレーンで小森一郎さんをつりあげて川に投げ入れた疑いです。

足場会社の従業員・宮崎県都城市蓑原町の黒木成のfacebook顔画像・写真、インスタ、ツイッターの特定のため調査を進めました。宮崎県都城市の黒木成の生い立ちや会社・職場・勤務先についても迫っていきます。黒木成が都城高校の野球部であるという情報が入っています。

【関連】鹿児島クレーン事件・山下昌司の悪人ヅラ!「イジメっ子がそのまま大人に」

【関連】兄・黒木寿のfacebook顔画像特定「弟思いの良いヤツ」

【関連】最年長の深江一人は保身で殺人で加担「次は自分かも」

戸田恵梨香も適応障害で休業か?「業界では妊娠説も浮上」

成海瑠奈は鈴木りょうたのガールズバー店員だった「元キャストが暴露」

甲府放火犯の遠藤裕喜の母親がヤバイ「教育ママで過保護すぎた人格形成」

黒木成のfacebook顔画像特定「都城高校野球部キャプテンか」

宮崎県都城市の黒木成のfacebook顔画像や写真を特定するべく、フェイスブックで「黒木成」を検索していきました。facebookで検索できた「黒木成」は2名いました。

逮捕された黒木成は、「宮崎県都城市蓑原町」に在住であることが報じています。プロフィール設定も含めて、検索された「黒木成」のフェイスブックアカウントを調査していきました。

kurokinaru,kaogazou,facebook,gazou,kaisya,kinmusaki,syokuba

フェイスブックで検索された「黒木成」を調査したところ、宮城県に縁の有る「黒木成」のfacebook顔画像は男女1名ずつで2つ存在しました。しかし、報道では「足場設置の会社」と伝えられているため、女性の「黒木成」は別人であると推測できます。男性の方の「黒木成」について調べていくと、逮捕された黒木成である可能性が濃厚であることが判明しました。

こちらが男性の黒木成のfacebookアカウントです。

kurokinaru,kaogazou,facebook,gazou,kaisya,kinmusaki,syokuba

逮捕された黒木成は、宮崎県都城市蓑原町在住です。発見した男性の「黒木成」のfacebookアカウントを確認してみると、プロフィール画像には住所や出身校などの情報がありませんでした。しかし、友達リストを確認すると、「都城高校」を卒業している友人がズラリと並びます。

これは、黒木成が都城高等学校を卒業していることを意味していると解釈できます。

kurokinaru,kaogazou,facebook,gazou,kaisya,kinmusaki,syokuba

文字が小さいため、拡大すると黒木成の友人たちがこぞって都城高校を卒業していることが判明しました。

kurokinaru,kaogazou,facebook,gazou,kaisya,kinmusaki,syokuba

ネット掲示板でこのニュースを取り扱うスレッドでは、特定作業が開始されており、すでfacebookで犯人の1人をみつけたという書き込みがあります。他3名についてはfacebookが存在していないため、黒木成のことで間違いありません。

黒木成はすでに特定されている模様…

犯人の一人はFacebookにいるし、なんなら野球部
宮崎のどっかの高校やげな

kurokinaru,kaogazou,facebook,gazou,kaisya,kinmusaki,syokuba

逮捕された都城高校出身の黒木成と思しきfacebookアカウントには、野球部時代の写真が複数投稿されていました。

1枚目は都城高校野球部の仲間たちと旅行か遊びにでも行った写真でしょうか。毎日が練習でハードな生活の高校球児が私服で遊びに行けるということは部活動の引退後でしょうか。楽しそうに弾ける笑顔でみんな写っています。都城高校卒業の黒木成も屈託ない笑顔を披露しています。

kurokinaru,kaogazou,facebook,gazou,kaisya,kinmusaki,syokuba

都城高校の黒木成の寝るときの相棒でしょうか。人気キャラクターのぬいぐるみが掲載されていました。

kurokinaru,kaogazou,facebook,gazou,kaisya,kinmusaki,syokuba

都城高校野球部の現役時代の黒木成と思われます。背中がチラっと見えますが、背番号は「6」番でしょうか。セカンドを守備していたことがわかります。

kurokinaru,kaogazou,facebook,gazou,kaisya,kinmusaki,syokuba

また別の画像では、円陣を組んでいる都城高校野球部の様子が写されています。中心にいるのは背番号6番の人物です。おそらく、黒木成と思われますが、円陣の真ん中にいるということはキャプテンと推測することもできます。

kurokinaru,kaogazou,facebook,gazou,kaisya,kinmusaki,syokuba

黒木成のツイッター写真特定「彼女と2ショット♡」

逮捕された黒木成は、宮崎県都城市蓑原町在住であることが報じられています。先程の黒木成のfacebookアカウント特定について、都城高校野球部であるという情報から捜索を続けたところ、黒木成はツイッターも運用していることが判明しました。

こちらが都城高校野球部の黒木成のTwitterアカウントです。逮捕された黒木成と同一人物であることが推測されています。

kurokinaru,kaogazou,facebook,gazou,kaisya,kinmusaki,syokuba

投稿には彼女と黒木成の2ショットの画像もありました。アプリで加工されていますが、2017年の画像で、まだ黒木成が高校生のときの画像です。

幸せですわ

kurokinaru,kaogazou,facebook,gazou,kaisya,kinmusaki,syokuba

アプリで加工されているものの、黒木成の彼女も美人といえるような顔立ちをしています。逮捕時23歳ということは、高校3年か卒業して1年経つころの画像と思われますが、黒木成はこの彼女と結婚して家族になっていたのでしょうか。

kurokinaru,kaogazou,facebook,gazou,kaisya,kinmusaki,syokuba

また、山下昌司ら4人が逮捕されたクレーンつりあげ殺人事件では、黒木成と黒木寿の兄弟あるいは親族関係にあると思われる2名がいました。

この黒木成のTwitterアカウントの投稿を確認していくと、「お兄ちゃん、、◯◯ちゃんおめでとう!」と投稿し、新生児誕生を祝う投稿がありました。

このアカウントが、逮捕された黒木成のものであるとすれば、「お兄ちゃん」というのは黒木寿のことを指しています。

kurokinaru,kaogazou,facebook,gazou,kaisya,kinmusaki,syokuba

黒木成のインスタ特定「名前入りグローブ自慢」

逮捕された宮崎県都城市の黒木成のさらなる情報を求めて、黒木成のインスタアカウントの捜索も進めました。インスタグラムで検索したところ、黒木成と名乗るInstagramアカウントは1つのみでした。

kurokinaru,kaogazou,facebook,gazou,kaisya,kinmusaki,syokuba

1つだけ検索された黒木成のインスタグラムアカウントを調査すると、プロフィール画像はクラシックカーが並んでおり、逮捕された黒木成との共通点を見い出せませんでした。またプロフィール文にも黒木成の氏名以外に情報がありません。しかし、1枚だけ投稿された画像には、グローブに「黒木成」の文字が刻まれています。

先程のfacebookアカウントでの黒木成の捜索で、逮捕された黒木成が都城高校野球部のキャプテンであったことが推測できました。名前の刺繍入りグローブの画像は、先程のfacebookで発見した黒木成のアカウントと十分な共通点が確認できました。

kurokinaru,kaogazou,facebook,gazou,kaisya,kinmusaki,syokuba kurokinaru,kaogazou,facebook,gazou,kaisya,kinmusaki,syokuba

黒木成の野球選手時代の写真「企業野球チームに所属」

黒木成についての捜索を続けていくと、山本由伸と同じチームだったという発言がありました。

黒木成って山本由伸と同チーム(都城高校)の主将かい…いい選手の名に泥塗ったようなもんじゃん。

kurokinaru,kaogazou,facebook,gazou,kaisya,kinmusaki,syokuba

こちらが、逮捕された黒木成と同じ都城高校出身のプロ野球選手、山本由伸選手です。2016年のドラフトでオリックス・バファローズに入団しています。生年月日から計算すると2021年現在で23歳のため、逮捕された黒木成と同級生であることがわかりました。片やプロ野球選手、片や犯罪者という悲しい分かれ道です。

kurokinaru,kaogazou,facebook,gazou,kaisya,kinmusaki,syokuba

黒木成の野球選手としての情報を集めるべく調査を進めていると、このような記載を発見しました。「新入部員のお知らせ」というツイートに「黒木成」の名前があります。URLを見ると、セガサミーというパチンコ関連の会社の社会人野球チームに「黒木成」が所属していることが判明しました。

kurokinaru,kaogazou,facebook,gazou,kaisya,kinmusaki,syokuba

こちらは企業野球チームで活躍していた頃の黒木成のプロフィールです。黒木成の出身中学は都城市立西中で、出身高校は都城高等学校であることが記載されています。また、セガサミーに所属していたのは2017年の1年だけであったようです。

黒木成のプロフィール

世代:1998年度生まれ
ポジション:内野手
中学:都城市立西中(2011年,2012年,2013年)
高校:都城高等学校(2014年,2015年,2016年)
社会人:セガサミー(2017年)
全国大会:19歳 都市対抗野球大会2017年(2回戦)

 

kurokinaru,kaogazou,facebook,gazou,kaisya,kinmusaki,syokuba

引用元:球歴.com

黒木成の野球選手としての情報が取り扱われているサイトをさらにみていくと、黒木成が試合に出たのは10試合だけであると記載されていることも判明しました。

黒木成が試合に出たのは10試合だけ?

黒木成は都城市立西中 – 都城 – セガサミーに所属していた内野手。

黒木成の出場成績
最新10試合の出場成績です。

kurokinaru,kaogazou,facebook,gazou,kaisya,kinmusaki,syokuba

引用元:球歴.com

セガサミー野球部の広報誌には黒木成の情報が記載されています。セガサミー時代の黒木成の背番号は13番だったことがわかります。

kurokinaru,kaogazou,facebook,gazou,kaisya,kinmusaki,syokuba

広報誌には「ニューフェイス」として紹介されています。黒木成のページには、黒木成の紹介文がぎっしりと記載されています。そこには、プロ野球選手の山本由伸選手と同級生であることにも触れられています。

kurokinaru,kaogazou,facebook,gazou,kaisya,kinmusaki,syokuba
セガサミー黒木成のプロフィール

生まれは宮崎県都城市。

野球は、地元の明和スポーツ少年団で監督を務めていた父親の影響で始めた。明和小学校1年から同チームに所属した黒木は3番・ショートで活躍してチームの県大会出場に貢献した。 都城市立西中学校では軟式野球部に所属。ピッチャーをやりながら、ショートとサードを守る内野手としても活躍。俊足巧打の黒木は、打っては1番を担い中心選手としてチームを牽引した。

地元の都城高校に進学すると、抜群の野球センスでさらに守備力が磨かれていく。同級生のエース・山本由伸(現オリックス・バファローズ)とともに県内屈指のショートとして注目を浴びる。シュアな打撃も持ち味で、打順は主に3番を務めた。フットワークの良さと打球に対する俊敏な反応が光る堅守が持ち味の黒木は、自身のアピールポイントを「守備」と言い切る。

本職はショートだが、セガサミーではセカンドにも挑戦。まずは自慢の守備力を生かして1年目から出場機会を増やしたいところだ。「実力はまだまだだと思っています。これからしっかりと練習を積み、本物の実力をつけて少しでもチームの勝利に貢献できるように頑張りたいと思います」

2018年のセガサミーの選手メンバー紹介のHPを確認してみたところ、2017年に入団した黒木成の記載はどこにもありませんでした。2017年に入団し、2017年に退団しているとみて間違いないでしょう。1年の間に何が起きたのでしょうか。

kurokinaru,kaogazou,facebook,gazou,kaisya,kinmusaki,syokuba

セガサミー野球部HP(2018)

黒木成の地元友人証言か「野球辞めて人が変わった」

黒木成についての情報を捜索していたところ、このニュースについて議論しているネット掲示板のスレッドで、地元の友人と思われる人物の書き込みを発見しました。

地元友人と思われる人物は、黒木成が野球を辞めてから人が変わってしまったと語っています。プロ野球選手になると、東京に飛び出して頑張るもうまくいかず地元に帰ってきたという恥ずかしさが黒木成にあったのでしょう。同級生の山本由伸選手はプロ野球選手として活躍しています。そのギャップに、友人たちも顔をあわせる勇気が出なかったようです。

kurokinaru,kaogazou,facebook,gazou,kaisya,kinmusaki,syokuba
黒木成の地元友人の証言か

黒木は社会人野球チームの選手になって宮崎から東京に行ったけど1年経たないで地元に帰ってきた
プロ野球選手目指して東京出たのに宮崎帰ってきて恥ずかしかったのか同級生とも連絡とってなかったって
兄ちゃんの斡旋で鳶職一緒にやってたみたいだけど見た目もワルそうになって人が変わってた
殺人なんてするやつじゃなかったのに野球やめてから人生狂ったんだなかける言葉無いよ

黒木成はツイッターアカウントで兄・黒木寿の子供の誕生をお祝いしています。プロ野球選手を目指すも挫折した弟を自分の職場に迎え入れた兄・黒木寿もまた弟思いであることがわかります。兄弟の絆は強かったようですが、犯罪を犯している兄弟をどちらかが止めることはできなかったのでしょうか。

kurokinaru,kaogazou,facebook,gazou,kaisya,kinmusaki,syokuba

黒木成の地元の元同僚証言か「口癖は”シメる”」

黒木成と同じ会社の従業員と思われる人物がネット掲示板に書き込みしているのを発見しました。小森一郎さんを殺害した事件の主犯格と思われる山下昌司は日常的に、部下や後輩に対してい「シメる」と脅すような発言をし、責任者としての立場を履き違えて支配していたようです。

yamashitamasasi,kaogazou,facebook,gazou,kaisya,kinmusaki,syokuba
山下昌司の恐喝脅迫は日常茶飯事

オレは現場一緒になること少ないけど山下はよく部下たちに「シメる」っていって脅しながら仕事してたよ
4人逮捕されたけど、多分主犯格は山下だけ。
50歳の人とか断れなかっただけだぞ若い2人も山下に懐いてるふりして怯えてたからな

書き込み主の発言によると、逮捕された4人のうち、主犯格は山下昌司であり、ほかの3人は山下昌司の日頃の暴力的な態度や振る舞いに怯えていたため、反抗することができずに共犯になってしまったと語っています。

黒木成も年齢が25歳と若く、上司であり攻撃的な山下昌司の命令ということもあり、抵抗することができず、他2名の同調圧力によって犯罪を犯してしまったのでしょう。

ネットの反応「鳶職はワルガキ中学生の延長」

黒木成らによるクレーンつりあげ溺死殺人事件について、ネット民たちは程度低いイジメがエスカレートしすぎていることに批判が噴出しています。

黒木成らの犯行に対してネットは憤怒
  • アウトレイジやんけ
  • 人間ロケットしたんやろ
  • まぁ一発懲役確定やな
  • 金銭トラブルか何かしらのトラブルはあったのかもしれないけどお金返さなかったやつが知人に橋から手を引き離されて落としてしんだ事件と似てるな。
  • まあ作業着着たまま泳いだらそりゃ溺れるわな
  • 地元民だけどあそこのは川は河童が出るって有名だから絶対に泳ぐ事はない 河童の仕業が同僚のパワハラだろうね
  • 足場屋 50の底辺じいさん 服のまま川へ 休憩中、もう分かるよね
  • 肉体労働のあとは体力が落ちているので、河川敷を散歩するのもきつい
  • 野球部キャプテンがこんなことしたらアカンでしょ

黒木成のクレーンつりあげ溺死殺人事件の概要「イジメ原因か」

黒木成らによる小森一郎さん殺人事件の報道を振り返っておきます。

小森一郎さんが死亡しているのを発見された当初は、作業着のまま小森一郎さんが川で泳いでいて溺れたという旨の通報が犯人4人たちから警察に連絡されています。この時点で事件を隠蔽しています。

当初は泳いでいた同僚が溺れたと通報

6日午後3時45分ごろ、薩摩川内市の川内川に架かる天大橋付近で、「泳いでいた男性が溺れた」と119番があった。午後4時半すぎ、曽於市末吉町二之方、会社員の男性(50)が約24メートル上流の川底に沈んでいるのを消防が発見。現場で死亡が確認された。

薩摩川内署によると、男性は4月から天大橋補修工事の足場の解体作業に従事していた。同僚4人と同市平佐町の川内川左岸で休憩中、作業服のまま1人で泳ぎ、姿が見えなくなったため同僚が119番した。救命胴衣は着けていなかった。

引用元:南日本新聞社

その後、着衣で泳ぐという不自然さなどから警察が捜査していると、黒木成ら4人が小森一郎さんに対してクレーンでつりあげて川に投げ入れるなどの暴行があったことが判明します。仕事おわりの50歳に抵抗したり、川を泳ぎきるような体力は残っているはずもなく、小森一郎さんは川で溺死してしまいます。

当初は同僚が溺れていると事故で通報

ことし8月、鹿児島県薩摩川内市の川で50歳の作業員の男性をクレーンでつり上げて川に投げ入れるなどしたとして男性と同じ工事現場で働いていた会社員4人が暴行の疑いで逮捕されました。男性はこの事件から1か月余りたった先月、同じ川で溺れて死亡していて、警察は男性が死亡した経緯についても調べています。

逮捕されたのは鹿児島県鹿屋市の会社員、山下昌司容疑者(43)と、いずれも宮崎県都城市の会社員の黒木寿容疑者(25)、黒木成容疑者(23)、深江一人容疑者(50)です。

警察によりますと、4人は薩摩川内市の川内川にかかる橋の工事現場で、一緒に働いていた曽於市の会社員小森一郎さん(50)をクレーンでつり上げて振り回したり、川に投げ入れたりしたとして暴行の疑いが持たれています。

警察によりますと、調べに対して4人は容疑を認めているということです。

小森さんはこの事件から1か月余りたった先月6日、同じ現場付近の川内川で溺れて死亡していて、その際、一緒にいた同僚から「休憩中に川で泳いで溺れた」と通報があったということです。

警察は小森さんが川で溺死した際、服を着たままだったことなど不自然な点があることから、小森さんが死亡した経緯についても調べています。

引用元:NHK

黒木成のフェイスブック顔画像「野球選手から鳶職に」

黒木成のfacebookやTwitter、Instaramの顔画像や写真を確認すると、高校卒業までは順風満帆でした。黒木成は可愛い彼女も出来ていましたし、高校での野球の実力を評価されて企業野球チームの選手としても活躍していました。2018年から黒木成の人生が一変したのでしょうか。

東京でセガサミーの野球部として活躍していた黒木成は、2018年までには退団しています。2018年からは、地元の宮崎県都城市に出戻りしており、鳶職に就いていたものと思われます。兄である黒木寿の誘いだったのでしょうか。高校時代に野球以外やってこなかった黒木成は頭が悪く、勉強の出来も悪かったのでしょう。東京で他の働き口を探すことも、地元・宮崎県都城市でまともな仕事に就くこともできなかったと推測できます。

野球一筋の人間から野球を奪われると、他に何も取り柄がなくなり、体力自慢を生かして鳶職になったという経緯が考えられます。未来を嘱望された黒木成でしたが、鳶職について殺人に加担してしまいました。ここまで立派に育ててきた親御さんを思うと、やりきれません。

遠藤裕喜の母親は過保護の教育ママ「よく学校にきて話し込んでた」

戸田恵梨香も適応障害で休業か?「業界では妊娠説も浮上」

京王線テロ事件・犯行動機「天皇賞で全財産スッた」

服部恭太のインスタ・ツイッター特定か「少年院あがりのアイドル推していた」

服部恭太の本当の犯行動機「祖国のために日本爆発!」

京王線テロはクライシスアクターによるお芝居?「クライシスアクター常連が同乗していた」