小室圭と眞子様の結婚に国民が反対する理由!経歴や母の借金がヤバい

小室圭、母、経歴、wiki、父親、眞子、最新情報、結婚

小室圭さんと眞子様のご結婚がほぼ確定だと報じられました。

国民の大きな関心を寄せていますね!SNSでは「駆け落ち婚」と名付けられています。

小室圭さんは皇族になってしまうのか?
皇族に相応しい人物なのか?→ヤバい過去があった!
結婚後、眞子様は皇族ではなくなってしまうのか?
我々国民の税金はいくら使われるのか?→かなり高額使われそう?

この2人の結婚騒動では、小室圭さんの経歴がwikiでまとめられたり、秋篠宮家

なぜ、ここまで小室圭さんと眞子様の結婚が反対されているのか、最新情報をまとめてみました!

小室圭と眞子様の結婚がほぼ確定!

2021年内に小室圭さんと眞子様がご結婚される方向で調整が進んでいることが、わかりました!

秋篠宮殿下は、「結婚を認める」「結婚と婚約は違う」と仰っていましたが、結婚されることになったんですね。

入籍後はアメリカで暮らす予定

金銭トラブルの批判がある小室家との縁談を考慮し、宮内庁は、皇室としての結納などに当たる関連儀式を執り行わない方針で調整している。眞子さまは結婚後、小室さんが暮らす米国での生活を視野に入れているという。

引用元:東京新聞WEB

眞子様と小室圭さんは、アメリカ・ニューヨーク州で就職する方向で調整が進んでいるそうです。

小室圭さんは、弁護士資格を取得するためにアメリカに渡っていましたが、試験は終了したそうで、結果待ちだと言います。2021年12月までに、弁護士資格試験の合否が発表されるそうです。

また、結婚した際に贈られる「一時金」(約1億5000万円)については、国民感情も考慮されてか、眞子様は辞退する方向で考えているそうです。

どうなる税金から出る一時金

結婚する女性皇族は、皇室典範で皇籍離脱することと、皇室経済法で「一時金」が支給されることが定められている。関係者によると、眞子さまは一時金の財源が税金で、小室さんの母親をめぐる「金銭トラブル」への批判もあることから、受け取ることを辞退する考えを持っていた。宮内庁は眞子さまの考えを踏まえ、一時金の額を減らすことや、特例で辞退することができるかどうかなどを検討するという。

引用元:朝日新聞

結婚することによって贈られる一時金は、最大で1億5千万円だそうです。これは税金から拠出されています。その一時金を、眞子様は受け取らない、もしくは全額を公的機関に寄付する意向だと言います。(おいおい税金を勝手に寄付すなー!)

ただ、法律で定められているため、その意向通り、お金が動くのかは眞子様の意思だけでは決まらないそうです。

何かと正しく税金が使われていない日本の政治を日々感じている国民としては、1円も渡すな!と思いますよね。

週刊朝日の報道では、2人の結婚に反対する人は約97%もいたそうです…。祝福されない結婚ってあるんですね…。

2人が結婚すると税金は使われる?

小室圭、母、経歴、wiki、父親、眞子、最新情報、結婚

結論から言うと、「税金は使われる」可能性が高いです!

眞子様は、一時金は辞退する意向を表していますが、ニューヨークでの新生活はどうやっていくつもりなのでしょうか?

小室圭さんは、弁護士資格試験の結果待ち、まだ無職の状態です。

小室圭さんがなろうとしている弁護士の平均年収は、約12万ドル(約1300万円)だそうです。

NY州の平均年収は約6万ドル(約660万円・2021年9月現在)ですので、高給取りであることにはかわりませんが、この後話す事情によっては、NYは年収1300万円でも厳しい暮らしになるかもしれません。

眞子様も資格を活かして働かれるという報道がありました。

小室圭と眞子様の収入予想

大学時代に学芸員の資格を取得されている眞子さまは、現在も都心のミュージアムに勤務されています。NYでも博物館に就職し“夫婦共働き”となるのではないでしょうか」(秋篠宮家関係者)

~中略~

「弁護士は、経験や実績に応じて年収が変動しやすい職業なので一概には言えませんが、初年度の年収は15万ドル(約1600万円)程度かと。学芸員は7万ドル(約770万円)くらいでしょう。ただ、NYの税率は高く、手取りはその3分の2程度になります」(NY在住の税理士)

おふたりの頑張り次第で変動はあるだろうが、当面は2人合わせて1600万円前後の手取りが見込まれる。

引用元:週刊女性PRIME

メディアや大衆の目から逃れるために、小室圭さんの母・佳代さんと、祖父の國光さんもニューヨークで暮らすと予想しているメディアは多いようです。

つまり、3世帯での暮らしになるようですね。NY州に1戸建てが必要になりそう。

英語が話せない可能性の高い、小室圭さんの母・佳代さんと、祖父の國光さんは、生活費を2人に頼るしかないですよね。

また、眞子様や小室圭さんの身辺の護衛や、自宅の警備も付けられるとメディアは報じています。また、眞子様の身の回りのお世話をする侍従官も付き添う可能性まであります。

これに莫大な費用が発生します。こういった生活以外のサポートだけでも年間で1億円以上かかると計算されています。

(そもそも皇籍離脱するのに警護いるんかい!という議論はもちろんあります)

結局、一時金を使うことになるのではないか、と専門家も予想しています。

見出しタイトル

 象徴天皇制に詳しい名古屋大学大学院の河西秀哉准教授はこう話す。

「皇籍離脱に伴う一時金は住居費や警備費など、結婚の初期費用に充てられると思います。その後はおふたりで生計を立てていく必要があるでしょう」

引用元:週刊女性PRIME

「一時金」という名目ではないにしても、秋篠宮夫妻から何かしらの金銭的な援助は必ずあるはずだと考える人も多いようです。

法律では、皇籍を離れた人物への金銭授受はアウト!

税金の心配をされている人には朗報です!

NYに駆け落ち結婚したとしても、どうせ秋篠宮家がサポートするんでしょ?と思っている人。

こんな記事を発見しました!私有財産は民間人に譲渡してはいけない!って。

私有財産を皇籍離脱した者に渡してはいけない!

 秋篠宮さまには皇族費として、おひとりで年間9150万円が支給されている。このお金は、私有財産であり、使い道を明らかにする必要はないが、

「皇族費などの皇室の方々の財産は、国が管理するものであり、民間人に分与することは許されません。皇籍離脱後の眞子さまに対し、秋篠宮ご夫妻がお手元金からお小遣いを渡すことは、ルール違反となります」(河西准教授)

引用元:週刊女性PRIME

よかった!税金はあの2人には渡らないんだね。と思っている人も多いかと思いますが、

度々報道でも言われている、眞子さまや小室圭さんにつける警護や自宅のセキュリティは誰が払うの?という問題があります。

秋篠宮家のサポートがなければ、到底払えるものではありませんよね。

これについては、NY移住後に明らかになることでしょう。

駆け落ち婚? 英国王室ヘンリー王子メーガン妃を彷彿

小室圭、ヘンリー王子、メーガン、母、経歴、wiki、父親、眞子、最新情報、結婚

引用元:frontrow

2人の結婚を端的に言えば、「式もお金もいらない、日本国内だと大衆の目がうるさいからアメリカで暮らします」ということで、日本史上最も有名な駆け落ち婚になると言われています。

皇族史上でも、儀式をやらない結婚というのは戦後初だそうです。

皇族は、日本のシンボルにもなっていて、生まれた時から死ぬまで皇族を演じ切らなければなりません。

時代の変化なのか、それを拒否する皇族が出てきたということですかね。

2018年5月に、イギリス王室のヘンリー王子とメーガン妃が、王室を離脱し、アメリカで暮らし始めたことは記憶に新しいですね。

アメリカ人で黒人の血を引く、女優のメーガン妃は、イギリス国民から受け入れられなかったようで、メディアも酷いバッシングをしています。

また、メーガン妃の父親も金銭的なトラブルや娘に金銭的に依存しているため、家族親族の背景も相まって批判的な意見が多いようです。今回の小室佳代さんの件と事情が似ていますね。

王室内でも人種差別やいじめがあったとして、メーガン妃を受け入れないイギリスを離れることになりました。ヘンリー王子が王室を離脱し、2人でアメリカに移住します。

移住先のアメリカでは好評なカップルのようですが、イギリスにしても日本にしても、やはり自分の国の伝統ある血族が、外から来たぽっと出の人物に伝統を汚されるのは、やはり気分が良くないということでしょうね。

がるちゃんやツイッターの反応は?

厳しい意見が多いネットですが、SNSでの意見はどうでしょうか?

がるちゃん民、激怒!

がるちゃんは特に、厳しめの意見が多いのですが…比較的表現のやわらかいものをいくつか。

トピを確認したい人はこちらからどうぞ。
がるちゃん「眞子さま 小室圭さんと年内にも結婚の方向で調整」

小室圭、母、経歴、wiki、父親、眞子、最新情報、結婚

引用元:がるちゃん

小室圭、母、経歴、wiki、父親、眞子、最新情報、結婚

引用元:がるちゃん

小室圭、母、経歴、wiki、父親、眞子、最新情報、結婚

引用元:がるちゃん

小室圭、母、経歴、wiki、父親、眞子、最新情報、結婚

引用元:がるちゃん

小室圭、母、経歴、wiki、父親、眞子、最新情報、結婚

引用元:がるちゃん

Twitter民も激怒!

どこのネットも同じですね…。小室一族が信用ならないので、国民の敵、という状況ですね。

小室圭と眞子様の馴れ初めは?

小室圭、母、経歴、wiki、父親、眞子、最新情報、結婚

小室圭さんと眞子様は、国際基督教大学(ICU)時代の同級生です。

NHKの報道によると、初めての出会いは、2012年に渋谷で行われた「留学に関する意見交換会」というパーティで知り合ったそうです。参加者は、大学生や留学経験者が約50人ほど。

しかし、後に本人たちの記者会見にて、書き換えられることになります。

本当の馴れ初めを本人が語る

「国際基督教大学が交換留学生のために教室で行った説明会でのことでした。そのとき私が座った席が、小室さんの座った席の後ろであったことがきっかけとなりました」

引用元:NEWSポストセブン

流石に、合コン染みたパーティだと、体裁が悪いと思ったのか、それとも本当に本人たちの発言の通りなのか。大学内でのイベントに変更されています。(メディアはNHKの取材内容に誤りはなかったが、コンパで知り合ったとは言えないため変更したのだろうとのこと)

その説明会までは、会っても挨拶するぐらいの関係だったそうです。

いずれにしても、その時期に交際がスタートし、神奈川県の葉山・鎌倉・横浜・みなとみらい、埼玉県の長瀞などでデートをしていたそうです。

交際から約1年後に小室圭さんからプロポーズをしたそうです。

そして、約5年の交際期間を経て、2017年9月に眞子さまと小室さんは婚約内定しましたが、小室一家の良くない過去やトラブルを週刊誌に取り沙汰され、2018年2月に宮内庁は、結婚に関する儀式の延期を決定しました。

小室圭の経歴や職業は?

小室圭、母、経歴、wiki、父親、眞子、最新情報、結婚

小室圭さんは、母・佳代さんの借金トラブルで何かと翻弄されていますが、

小室圭さん本人の経歴だけ見れば、かなり優秀なことがわかります。(人間性には問題あるとの噂)

皇族と付き合っていくなら、本人だけでなく、その家族や親族の経歴や背景も重要になるところが、ちょっと可哀想ではありますね。

趣味はバイオリン、料理、スキーと裕福な家庭で育っているかのような内容ですね。

実際の小室圭さんの経歴がこちら。

小室圭のwiki風年表プロフィール

・1991年 10月5日神奈川県横浜市で生まれる
・1994年 3歳のころからバイオリンを習い始める
・1988年 国立音楽大学付属小学校に入学

・2001年 父親である小室敏が自殺

・2004年 中高一貫のカナディアンスクールに入学(2010年高校卒業)
・2010年 国際基督教大学(ICU)教養学部アーツサイエンス学科に入学(2014年卒業)

・2010年 湘南江ノ島「海の女王&海の王子コンテスト」海の王子に選出される(画像参照)

小室圭、母、経歴、wiki、父親、眞子、最新情報、結婚

引用元:藤沢市観光

・2013年 カルフォルニア大学ロサンゼルス校に留学
・2014年7月 三菱東京UFJ銀行(現三菱UFJ銀行)入行・丸の内支店配属(勤続約2年)
・2014年 奥野総合法律事務所・外国法共同事業でパラリーガルとして勤務
・2016年 一橋大学大学院・国際企業戦略研究科・経営法務専攻(夜間コース)に入学、パラリーガルは継続しながらの通学

・2017年5月16日 眞子さまとの婚約

・2018年8月 フォーダム大学留学
・2021年5月 フォーダム大学ロースクールを卒業

親のことは置いておくとして、並みの努力では得られないポジションや学業の成績を修めていることがわかりますね。

ただ、400万円の借金が返せない中で、どうやってこういった高等な教育を受けることが出来たのかは謎です。

2018年からのフォーダム大学への留学は合計で1300万円程度の費用が発生する見込みだったのですが、新たな借金をしたということでしょうか。

また、こうした素晴らしい学業成績があるにも関わらず、人間関係の構築は苦手なようで、

三菱東京UFJ銀行時代の振る舞いや、元カノとの交際についての問題などでよくない噂もあるようです…

一方的な言い分で小室圭さんもこれらの疑惑に対して口を閉ざしているため、どれも真偽は不明ですが、こういった悪評がネットや週刊誌の関係者インタビューで見られました。

・中学時代、女子生徒をいじめていたグループの主犯格だった
・大学時代、眞子様と交際中に社長令嬢と二股疑惑
・大学時代、元彼女に金の無心をしすぎてフラれた

・クライアントの重要な書類を紛失したが、女子社員に罪を擦り付けて逃げ切る(UFJ銀行時代)
・同僚とトイレや廊下で会っても挨拶をしない(UFJ銀行時代)
・同僚の机を無断で使用する(UFJ銀行時代)
・雑用できない、コピーをとれない(パラリーガル時代)
・社内でのコミュニケーションが取れず、車の手配ができなかった(パラリーガル時代)

同僚や学友のインタビューでは、「謝ることが出来ない」「立派に見せることは得意」などと語られ、さながら詐欺師を彷彿とさせるような内容が多いといわれています。あまり好かれるタイプの人物ではないのかもしれません。

現在の小室圭

現在、小室圭さんはアメリカニューヨーク州在住とのこと。

年表プロフィールの通り、フォーダム大学のロースクールを卒業し、弁護士資格の合否を待つ状態だそうです。

NY州で弁護士として活躍予定

2018年から米ニューヨーク州で生活している小室さんは、今年7月に同州の司法試験を受験。12月までに合否が発表されるが、同州の法律事務所で就職する予定で、安定して生活できる見通しが立ったことから二人で生活を始められると判断したという。

引用元:朝日新聞

ニューヨーク州の司法試験の合格率は約89%と高いようですが、外国人の合格率は少し下がって70%だそうです。(コロナ禍で試験の条件が変わったため合格率が高くなっているそうです)

ただし、初めての受験の場合で、外国人の合格率は45%程度だそうで、全然楽観視できない数値ですね。

小室圭さんは、ニューヨーク州の弁護士会が主催する論文のコンペティションで2位を獲得しました。

過去に同じ賞を獲得した人は、アメリカで一流とされる法律事務所に就職したり、世界有数の機関や団体で活躍する人物が多いそうです。

弁護士資格に合格すれば、この受賞を箔にして眞子さまと安心して暮らせるような収入とキャリアを獲得できそうですね。

小室圭の母の借金とは?

小室圭、母、経歴、wiki、父親、眞子、最新情報、結婚

小室佳代さんは、小室敏勝さんと結婚し、小室圭さんを生んでいます。

その後、夫の敏勝さんが自殺してしまい、別の人物と新たな婚約を結びます。

その人物が話題になっている小室佳代さんが借金している婚約者というわけです。すでに婚約は解消され、「元婚約者」(竹田さん)と呼ばれていますね。

婚約中に、度重なる金の無心があったそうで、報道の通り、この元婚約者から400万円近い借金をしており、未だ返済されていないそうです。

恋人に教育費・養育費を出させている

『週刊女性』は昨年、眞子さまが今秋に結婚予定の小室圭さん(26)の母・佳代さんが元婚約者との間に400万円以上の借金トラブルがあることを報じた。

「佳代さんは、竹田さんと’07年ごろから付き合い始めて’10年に婚約しました。

お金の無心が始まったのは、’10年に圭さんが進学した国際基督教大学(ICU)の入学金からでした。

それからというもの、事あるたびに“今月厳しいからお金を都合してほしい”と生活費を要求してきたそうです。

ほかにも、圭さんが一時期通っていたアナウンススクールの授業料やアメリカ留学費用なども合わせ、貸した額は400万円を軽く超えてしまったのです」(友人、以下同)

引用元:週刊女性PRIME

自分の手元にあるお金はすべて小室圭さんに使い、足りなくなった生活費を要求していた、ということでしょうか。

出す方も出す方ですが、毎度毎度お金くれ、とせがむのはもっと酷いですね。

母子家庭ながらも、小室圭さんに英語やバイオリンを習わせ、インターナショナルスクールに通わせたりと、幼少の頃から将来の小室圭さんに大いに期待していたことも伺えます。投資ですね。

なお、この借金については通称「小室文書」にて、解決金を支払いたいという旨が記載されていますが、元婚約者にはこの解決金について一切なにも連絡がなく、「解決金の提案のあと、説明をいまだ受けていない」とインタビューで回答してます。

炎上してるから提案はしたけど返す気なんて無い、ということでしょうか?

結局、最初の火種になったこの小室佳代さんの借金問題は何も進展がないまま、小室圭さんと眞子様は結婚に進みそうですね。

小室圭の母がヤバい理由は?嘘つきで見栄張り?

小室圭、母、経歴、wiki、父親、眞子、最新情報、結婚

職場トラブル&傷病者手当を不正受給?

母・佳代さんは、15年勤続した洋菓子店を何度か長期欠勤しているようです。

なんで更衣室でアキレス腱断裂?

「(2021年)6月上旬、佳代さんは“職場の更衣室でアキレス腱を痛めた”と、労災を主張。7月に入ってからは無断欠勤を続けており、洋菓子店の社長は懲戒解雇も視野に入れているそうです」(皇室担当記者)

引用元:週刊女性プライム

母・小室佳代さんは上述の通り、2021年6月に更衣室でのアキレス腱断裂を労災認定してもらえず、無断欠勤しており、弁護士を立てて争っており、近々解雇される予定だと言います。

さらに追加で報道されたのが、2018年に適応障害を理由に傷病手当を貰いつつ、長期間欠勤していたそうです。

問題なのは、これを不正受給していたという点です。

小室圭の母は適応障害?

小室圭さんの母・佳代さんについて、今年6月上旬に職場で「アキレス腱を断裂した」と主張し、労災などをめぐって勤務する老舗洋菓子店とトラブルになっていることを週刊新潮が報じたが、今回新たに、佳代さんが2018年に同じく「適応障害」を理由に店を長期欠勤していた際、その療養期間中に傷病手当を不正受給していた疑いが持ち上がった。

引用元:デイリー新潮

不正受給の内容として、傷病手当の受給期間中に別の仕事をして収入を得ていたというのです。

小室佳代は傷病手当を不正受給?

洋菓子店の関係者によると、「18年の春から19年の秋にかけてだったと思います。会社が加入する『東京都洋菓子健康保険組合』の傷病手当金の給付を申請し、佳代さんは1年半にわたって休職中の支給を受けていました

佳代さんは、組合が定める最長の支給期間、1年6カ月の“フル受給”で傷病手当を受け取ることに。だが、「洋菓子店を休んで療養していたはずの期間、佳代さんは軽井沢の友人の元に身を寄せ、住み込みながら仕事に就いていました。佳代さんは、軽井沢で喫茶レストランを経営する女性と以前から親交があり、その店を手伝うことになったのです」(佳代さんの知人)

引用元:デイリー新潮

厚生労働省によれば、傷病手当を受給している期間でもアルバイトなどはしても良いそうですが、本業よりも負担の軽い仕事に限られるそうです。

喫茶レストランでの仕事は、洋菓子店の仕事と同程度の負担の可能性も高く、母・小室佳代さんに不正受給の疑いがかけられているようです。

また、新たな黒い一面ということで、「皇族に関わらせてはいけない」と、国民は総攻撃の姿勢を取っているようです。

こういうときに味方してくれる同僚や関係者がいないということは、それなりの振る舞いをどこでも同じようにやってきたのかもしれませんね。

お金にがめつい人は一生がめついのかもしれません。

家族トラブル・父と祖父が自殺

小室圭さんは母子家庭と報道されています。

実は、小室圭さんが小学生で10歳の頃に、父・小室敏勝さんが自殺したとの報道があります。父・小室敏勝さんのあとを追うように、祖父・小室善光さんも自殺してしまったそうです。

自殺した父家系にカネ!カネ!カネ!

「佳代さんの旦那さんである敏勝さんは、精神的なストレスが重なったことで’02年3月に自ら命を絶ちました」(小室家に近い人物)

それから間もなくして、敏勝さんの実父である善吉さんも、悲しみに暮れて自殺したと報じられている。

善吉さんの遺産相続の話題がのぼると佳代さんは“孫である圭にも相続する権利がある”と主張しました。しかし、もともとお姑さんとの関係がよくなかったこともあり、話し合いはうまく進まなかったのです」(同・前)

引用元:週刊女性プライム

身内が亡くなっているにも関わらず、お金のことになると行動派になる神経を疑う、とネットで批判されています。

実は、小室圭さんの父・小室敏勝さんが精神的に困憊している状況にも関わらず、夫を1人自宅に残し、小室圭さんと一緒に実家に帰省したり、別の男性とドライブデートを楽しんでいたとの報道があります。

また、その別の男性を「湘南のパパ」と小室圭さんに呼ばせていたそうで、夫がピンチのときに何も支えてあげていなかったようなのです。夫がいるのに、別の男性にパパと呼ばせる…?

家族にも見放されたと父・小室敏勝さんは自殺してしまい、その祖父の小室善吉さんも自殺してしまったというのに、相続の権利を主張できる図太さ。

国民全員が翻弄されてしまうパワーの片鱗を感じます。

この報道は真実なのでしょうか?真実だとすれば、とても擁護できる人物ではありませんし、当然、皇族にも関わってほしくない守銭奴ということになろうかと思います。

皇室に対する理解がゼロ

2021年6月に「週刊文春WOMAN」に小室佳代さんの告白インタビューが掲載されました。

週刊紙に皇室との関わりをベラベラと話してしまったことに、宮内庁や秋篠宮家は憤り、頭を抱えたそうです。

皇室に関わる私的情報は、宮内庁関係者や離職者なども、固く口を閉ざして、公開することはありませんでした。

皇族の側近による定例会見ですら、プライベートの過ごし方などには答えません。簡単な質問でも回答に1週間を要することもあるそうです。

それほど、情報規制に厳しい皇室事情をベラベラと週刊誌に話してしまうのは、皇族の結婚相手の親としては、認められないのはすぐにわかりますよね。

皇室にお金の無心をした女

金銭トラブルを週刊誌によって取り沙汰された当初、事情の詳細を説明するために、小室佳代さんは秋篠宮邸を訪問したのですが、信じられない発言があったそうです。

「皇室でお金のサポートをしてくれませんか?」

常識無いのが一発でわかる発言ですよね。相手が皇室ではなかったとしても、結婚予定の家族のところに挨拶しに行って、「お金ください」って言いますか?

相手が皇室となれば、税金を受け取ることになりますから、そんなことが出来るわけがないのは日本人なら99%の人間が容易に想像できることでしょうね。

そんな小室佳代さんに対して、眞子様の母・秋篠宮紀子様が公式に意見をされる機会があるそうです。

紀子様のお誕生日では、宮内庁担当の記者会からいくつかの質問が用意され、文書で回答されるそうです。

紀子様が公式に金銭トラブルについて言及する予定!

 今年も当然のように、眞子さまの結婚問題に関連する質問が盛り込まれたそう。

「“この1年の振り返り”と“悠仁さまの進学とご家族の近況”、そして“眞子さまの結婚の見通し”の全3問。

今回注目すべきは、質問文に“小室さんの母親と元婚約者の男性との金銭トラブル”という文言が盛り込まれ、それを含めたご感想を求められている点です。これまでは“小室家をめぐるさまざまな報道”とか“今いろんなところで話題になっていること”という表現にとどまっていました。しかし、今年は質問文に具体的な文言が記載されることで、紀子さまは、はっきりと金銭トラブルに言及されることになります」(同・前)

引用元:週刊女性プライム

婚礼に関する儀式を執り行わず、日本を出ていく選択をした眞子様と小室圭さんなので、厳しいお言葉がありそうなのは、誰の目にも明らかです。

また、週刊紙に「母・小室佳代の告白」と題して、密着取材の内容が報道されましたが、その内容に対して、ネガティブな印象をお持ちでいらっしゃるとのこと。

週刊紙に皇族のことを話してしまう…

 そして先日報じられた佳代さんの告白の件で、紀子さまによる佳代さんへの不信感は募りに募っておられます。

眞子さまは今秋、もしくは来年初めには結婚されるといわれています。佳代さんへのお気持ちを公にされるのは最初で最後となる可能性が高く、強い表現で批判されることも十分考えられます」(前出・宮内庁関係者)

引用元:週刊女性プライム

大事に育てた娘の結婚相手が、なぜこんなにもトラブルメーカーなのか…

皇族でなくても、母親であれば一様にそう考えて悩むはず…。

小室圭一家の皇室への無礼が止まらない

皇族と結婚し、親族同士の付き合いが発生するとなれば、並大抵ではないルールが存在します。

しかし、ルールを順守するどころか、金銭問題から始まり、皇族側が結婚を認めるか否かというレベルの無礼を何度も起こしている小室一家。

皇族とのプライベートを週刊誌に喋ってしまう

皇族のプライベートについては、皇族の許可を得てから、もしくは、皇族本人からしか話されてはいけないことなのです。

親子揃って、メディアの前で皇族とのプライベートなやり取りを話してしまっています。

これには宮内庁の職員も頭を抱え、週刊誌の報道の度に戦々恐々としているそうです。

誰と結婚すると思ってる?

宮内庁関係者は不信感を隠さない。

「眞子さまとのプライベートなやり取りが明らかにされました。“暴露された”と言ってもいいでしょう。本来ならば、皇族ご本人の口以外からは許可なしに語られてはいけない内容なのです。

もし眞子さまが小室家に嫁がれることがあれば、佳代さんはさらに皇室のプライベートを知りうる立場になります。それなのに、皇族方との私的なやり取りを公にすることの重大さを理解していないのは、本当に恐ろしいことです

引用元:NEWSポストセブン

婚約内定の記者会見でも、小室圭さんは眞子さまとのやり取りを勝手に話していたことを、指摘されています。

国中を巻き込んでいますが、当人たちには全然その緊迫感がないことも国民の怒りを燃え上がらせることに貢献しています。

むしろ当人たちは常に被害者意識の真ん中にいるのかもしれません。

皇太子の住まいを通り、小室圭が宮邸に入る

皇室であれば、作法や仕来りがたくさんあり、一般人ではそのすべてを把握できている人もなかなかいないのではないでしょうか。

小室圭さんは、弁護士になるためにアメリカに出発する直前に、眞子様に会いに赤坂御用地を訪問したのですが、敷地に入るために使った門が非常にまずかった…。

家主不在で無礼をはたらく

「その夜、小室さんが秋篠宮邸のある赤坂御用地を訪れるという情報は、マスコミ各社も掴んでいました。あるテレビ局は秋篠宮家が小室さんを迎えるために手配した黒いワンボックスカーが、御用地近くの地下鉄の駅の出口で小室さんを拾うところも撮影していました」(皇室記者)

ところが、車でほんの数分の距離なのに、赤坂御用地の「巽門」で待ち構えるメディアの前に、小室さんを乗せた車がなかなか姿を見せない。巽門とは、6つある御用地の門のうち秋篠宮邸に最も近い通用門のことで、宮邸の訪問者のほとんどがこの門を通る。

「皇室記者たちが気づいたときには、すでに小室さんは秋篠宮邸に入っていました。驚いたことに、小室さんの乗った車は『東宮御所正門』から赤坂御用地に入ったのです。の門は、皇太子ご一家が暮らす東宮御所近くにある門で、天皇皇后両陛下や東宮御所の来賓など、ごく限られた人だけが使うことができます。赤坂御用地の中でも最も格式の高い門で、秋篠宮ご夫妻であっても、よほどの理由がない限り、この正門を使うことはないそうです」(皇室ジャーナリスト)

中略

「当初は、マスコミの目を避けるために秋篠宮さまが判断されたものと思われていました。ところが実際は、眞子さまが自ら警備に頼み、正門を通らせたそうです」(前出・皇室ジャーナリスト)

引用元:NEWS ポストセブン

現在の令和天皇のお住まいがある付近の「東宮御所正門」から小室圭さんの乗った車を招き入れたという眞子様。

これには、さすがに宮内庁も皇族も悩んだことでしょう。

恋は盲目といいますが、度を越えているように感じた国民。国民はの怒りは、眞子様にではなく、眞子様から手を引かない小室圭さんに向かったようです。

眞子様も皇族内でお叱りかご指導を受けたことだと思います。

小室圭さんたちの言動で、日本の歴史や伝統が傷つけられる事態になっています。

本来、結婚相手に相応しい相手であれば、そういった行動を取ろうとする眞子さまを止めるのではなないでしょうか。

小室圭一族は皇族になれない!

皇族と結婚した人物が、皇族となるためには、皇室の様式に従った儀式が必要だそうです。

旧皇族の竹田恒泰さんのツイートをご覧ください。

「皇籍離脱」というキーワードと共に、このツイートはTwitterで大規模に拡散されました。

この発言をみて、少し安心された人も多いかと。

先程も記載したように、皇族の私有財産は国が管理しており、民間人に譲渡することは許されません。

また、眞子さまも小室圭さんとのご結婚を機に皇籍離脱をさせると一部メディアで予想されています。

他にもこんな記事がありました。まだ皇室と小室一家の関わり方はどうなるのか、慎重に議論されているようです。

眞子様は皇籍離脱する?しない?

各社は同様の内容を報じた一方で、眞子さまは皇籍を離脱しないのではないかという見方も出ているのだ。

というのも、先ごろ行われていた、安定的な皇位継承のあり方を議論する政府の有識者会議の最終報告は年内にまとめられる予定だ。その中には、結婚した女性皇族のことも含まれる。産経新聞などは、「女性皇族が結婚後も皇室に残ることを可能にする場合は、配偶者と子供を皇族としない方向で検討している」と報じている。

新型コロナウイルスの感染拡大の収束が見えないまま、儀式なしとはいえ、婚姻届けの提出という「慶事」を、どのタイミングで行えるのかも不透明だ。

皇室をよく知る人物はこう話す。

「眞子さまが婚姻届けを出すタイミングによっては、皇籍離脱しないまま結婚という可能性も考えられます。となると、夫に身分は保持されないとはいえ、小室さんは皇族の夫となる可能性の十分にあり得る」

引用元:AERA.dot

天皇制についても生前退位があったばかりで、その伝統の在り方について、現代的に変更する必要があると、議論されているところですが、

まさか、こんなに早く議論の結果を急ぐことになるとは…。

小室一家が一卵性親子と言われる理由

通常、共依存関係にある母と娘について、よく使われる「一卵性母娘」ですが、小室圭さんと母・小室佳代さんの一連の言動を見て、誰からともなく「一卵性親子」と言われるようになりました。

価値観や性格が一致しており、お互いへの肯定感が強すぎるため、親子以外での人間関係で生じたトラブルへの解決能力が低くなる、と言われています。

小室一家が、一卵性親子と呼べるような報道がありましたので、紹介させていただきます。

小室文書にしても、週刊WOMANでの母・小室佳代さんのインタビューにしても、自分が被害者であったことが強く主張され、謝罪が一切ないことが指摘されています。

週刊WOMANの小室佳代「告白」について

しかし、宮内庁関係者は困惑を隠さない。

「この期に及んで、まだ“他人事”の姿勢は疑問です。息子の結婚を先送りにした金銭トラブルの当事者という自覚が薄いのかもしれません。佳代さんの『告白』には、自分の主張を長々と連ねた小室圭さんの文書に近いものを感じました。

“お騒がせしてすみません”の一言がないんです。徹底して自分の非を認めない。それどころか、自分がいかに大変な思いをしたかを強く主張する。これを読んだ国民がどう思うのか、それが心配です」

引用元:NEWSポストセブン

通称「小室文書」28ページに及ぶ借金についての弁明が綴られています。
※興味ある人はこちらから。(NHKのニュースサイトにリンクしています)

母・小室佳代さんの金銭問題の騒動を鎮めるために発表されたと思えるこの文書も、批判の嵐で、さらに炎を高く激しくしてしまいました。

公で謝罪する場合については「言い訳や反論はしてはいけない」と、コンサルタント会社の人物は語っていますが、小室文書には、随所に反論と取れる箇所があると指摘しています。

また、大事なポイントで矛盾しているという指摘もありました。とっても長い文書なので、要点だけになりますが…

母・小室佳代の借金について

小室文書「金銭問題は解決済みだと主張したことに関しては一度もありません」(2021年4月)
代理人発表文書で2019年に「解決済みの事柄であると理解してまいりました」と主張している

小室文書「(400万円を贈与されたと主張しているため)贈与税を負担しているのかという報道がありますが、母は贈与税を納付しています。それまでは贈与税を納付する必要があると思っていなかったのですが、報道の後に知人から贈与税は納付しているのかと聞かれたことがきっかけで、念のためということで納付しました
税金を納めるのは義務です。念のために納める税金など無いし、元婚約者は借金だと主張しているものを勝手に贈与として納税して良いのか?

結局、元婚約者との話し合いの席に出ようともせず、自分たちの解釈や言い分を28ページに渡って、長々と書き連ねているだけ、という印象を受けます。

また、そんなに長い言い訳を誰が読むのか、ということですよね。批判している国民の半分以上はすべて読んでいないのではないでしょうか。

通常、ここまで長いのは丁寧ではなく、逆に失礼に当たりますよね。

また、騒動に対する謝罪もないのです。「迷惑かけてすみませんでした」の一言を回避するために28ページも長々と誰かのせいにしているということですかね。

まとめ

小室一家が国民の敵になってしまった理由について調査しましたが、いかがでしょうか。

一般男性と一般女性の結婚であれば、誰も何も言わないし思わない、ですよね。

皇室との結婚を意地でも押し通そうとする姿勢や、これまでの金銭に関するがめつい言動が、国民を1つにして「皇族入りは許さん」と言っているのでしょうね。

この記事が参考になった方は、是非、SNSでシェアしてくださるとうれしいです!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。