甲府火災犯人実名は遠藤裕喜「父は給湯器泥棒、母子家庭」井上盛司さん自宅全焼・強盗殺人火災事件

endouyuuki,yamanasi,kouhu,aizawa,kaji,kasai,gazou,douga,hannin,hankoudouki,sokuhou

2021年10月12日、午前3時50分頃、山梨県甲府市蓬沢(よもぎさわ)の井上盛司さん宅の甲府放火殺人事件の犯人の実名は遠藤裕喜(19)であると判明しました。

実名が報道された遠藤裕喜が引き起こした山梨県甲府市蓬沢の井上盛司さん宅で起きた放火殺人事件では重い刑が想定されています。実名が報道された遠藤裕喜は、定時制高校の甲府中央高校定時制4年生で、生徒会長を務めていました。甲府放火の名前である遠藤ゆうきは、両親が離婚して母子家庭で、父は給湯器泥棒の前科があります。

<2021年10月22日追記><2021年10月23日追記><2021年11月2日追記>

【最新まとめ】遠藤裕喜の母親は過保護の教育ママ「よく学校にきて話し込んでた」

サイコパス細野雅俊がネコ虐待動画で逮捕「ネコに片思いの女の名前つけて」

戸田恵梨香も適応障害で休業か?「業界では妊娠説も浮上」

成海瑠奈は鈴木りょうたのガールズバー店員だった「元キャストが暴露」

甲府放火殺人の犯人特定「上の娘の先輩がストーカー化した」

もくじ

甲府市放火犯人の実名と顔が報道された!「遠藤裕喜」

<2021年10月22日追記>

yamanasi,kouhu,aizawa,kaji,kasai,gazou,douga,hannin,hankoudouki,sokuhou

週刊新潮では、顔画像の公開と実名報道に踏み切ったとの情報が入りました。少年法において特定少年という区分でしたが、来年4月以降に起訴されれば公開される予定でしたが、先んじて、週刊新潮で「犯行の計画性や結果の重大性に鑑み、容疑者が19歳の少年といえども実像に迫る報道を行うことが常識的に妥当と判断した」とコメントしており、10月21日発売の週刊新潮に掲載することが決まりました。

endouyuuki,yamanasi,kouhu,aizawa,kaji,kasai,gazou,douga,hannin,hankoudouki,sokuhou

引用元:週刊新潮

報道された甲府放火犯人の実名は遠藤裕喜(えんどうゆうき)でした。通っていた定時制高校は、山梨県立中央高等学校です。新潮によって報道された甲府放火犯人の遠藤裕喜の顔画像はこちら。

endouyuuki,yamanasi,kouhu,aizawa,kaji,kasai,gazou,douga,hannin,hankoudouki,sokuhou

遠藤裕喜の出身高校は山梨県立中央高等学校「生徒会長として新聞に掲載」

2021年の山梨日日新聞に、甲府放火犯人の遠藤裕喜の学校活動についての名前が掲載されていました。奇しくも、この新聞が発売されたのは遠藤裕喜が井上家を放火した当日の10月12日でした。

新聞には「甲府・中央高校」と記載がありますが、調査すると「山梨県立中央高等学校」のことを指していることがわかりました。

遠藤裕喜が生徒会として新聞に出る

定時制生徒会長の遠藤裕喜さんは「手指消毒は手軽にできる感染対策。スプレーを携帯してもらい、感染予防を心掛けてほしい」と話した。

文春による遠藤裕喜の同級生へのインタビューでは、遠藤裕喜は生徒会長モードが存在し、マイクを持って人前に立つと人が変わったようにハキハキと話し、精神疾患や悪い学業成績を想像させない一人前な振る舞いを見せたと言います。

遠藤裕喜の母親は過保護の教育ママ「息子を生徒会長に!」しつこく推薦

yamanasi,kouhu,aizawa,kaji,kasai,gazou,douga,hannin,hankoudouki,sokuhou

井上盛司さんの長女(姉)と遠藤裕喜が通っていた定時制高校の山梨県立中央高校のHPがこちら。新しい校舎で立派な佇まいです。

yamanasi,kouhu,aizawa,kaji,kasai,gazou,douga,hannin,hankoudouki,sokuhou

googleMAPで確認した山梨県立中央高校の校門です。

yamanasi,kouhu,aizawa,kaji,kasai,gazou,douga,hannin,hankoudouki,sokuhou

甲府放火殺人事件があった井上家からは、車で15分ほどの距離でした。自転車で通学可能な距離なので井上家長女の通っていた高校で間違いないようです。

yamanasi,kouhu,aizawa,kaji,kasai,gazou,douga,hannin,hankoudouki,sokuhou

遠藤裕喜の中学特定「甲府市立南中学校

先んじて、甲府放火犯の実名と顔画像が明かされている週刊新潮を読んだ人物によると、甲府放火犯の遠藤裕喜の出身中学は「甲府市立南中学校」であることがわかりました。

yamanasi,kouhu,aizawa,kaji,kasai,gazou,douga,hannin,hankoudouki,sokuhou

今回の犯人は、
甲府中央高校定時制4年生生徒会長 遠藤裕喜(19)
甲府南中学校出身で里吉3丁目が実家のボッシーw(※母子家庭のこと)

父親(渡辺)は給湯器泥棒で逮捕歴あり。
ソレをきっかけに両親は離婚。

こちらは、甲府放火犯の遠藤裕喜が卒業した甲府市立南中学校のHPのキャプチャ画面です。

endouyuuki,yamanasi,kouhu,aizawa,kaji,kasai,gazou,douga,hannin,hankoudouki,sokuhou

こちらは、甲府放火犯の遠藤裕喜が卒業した甲府市立南中学校の校門です。何の変哲もない中学校です。

endouyuuki,yamanasi,kouhu,aizawa,kaji,kasai,gazou,douga,hannin,hankoudouki,sokuhou

甲府放火犯人の遠藤裕喜の実家からも、被害者の井上家長女(姉)の自宅からも近い距離にあります。遠藤裕喜と井上家長女(姉)は中学校あるいは小学校のときから同じ学校に通っていたのかもしれません。

endouyuuki,yamanasi,kouhu,aizawa,kaji,kasai,gazou,douga,hannin,hankoudouki,sokuhou

遠藤裕喜の生い立ち「陰キャ生徒会長」「母子家庭」「父犯罪者」

甲府放火犯人の遠藤裕喜の生い立ちについても触れられていたようです。遠藤裕喜は、母子家庭で嫌々、高校の生徒会長を務めていたとのこと。家庭は母子家庭で、離婚した父は給湯器泥棒をして逮捕された過去がありました。

yamanasi,kouhu,aizawa,kaji,kasai,gazou,douga,hannin,hankoudouki,sokuhou

読んできた
実名と顔

離婚したので中学までは父方の苗字
定時制では生徒会長
みんな嫌がるので押し出された生徒会長
不良系か不登校系かに二分されてて後者
暗くていつも一人
被害者にはティファニーを送り付けたことあり
しつこいのでLINEブロックされた それで殺意
警察は容疑者を把握してたので自首じゃなくて出頭
来春18歳少年法改正なので裁判になり実名に変わる その第1号になる

yamanasi,kouhu,aizawa,kaji,kasai,gazou,douga,hannin,hankoudouki,sokuhou

今回の犯人は、
甲府中央高校定時制4年生生徒会長 遠藤裕喜(19)
甲府南中学校出身で里吉3丁目が実家のボッシーw(※母子家庭のこと)

父親(渡辺)は給湯器泥棒で逮捕歴あり。
ソレをきっかけに両親は離婚。

遠藤裕喜の父親が犯した給湯器窃盗のニュースと思しきものがありました。しかし、逮捕された人物の苗字は「佐藤」となっており、ネット掲示板の書き込みで見られた「渡辺」という苗字と一致しません。また給湯器を窃盗した数も2個ではなく154件と規模が異なり、週刊新潮で遠藤裕喜の自宅近所の住民の話とも一致しません。

遠藤裕喜の父親の犯行?

給湯器窃盗154件 容疑の男追送検 山梨
2018/4/24 07:07
韮崎署は23日、韮崎市大草町のアパートから給湯器1台を盗んだとして窃盗容疑で逮捕、起訴された甲府市千塚、リフォーム業、佐藤栄治被告(37)を、このほか県内で計154件、同様の盗みをした窃盗容疑で追送検したと発表した。

同署によると、佐藤被告は平成29年秋から逮捕される今年2月までの間、韮崎市のほか、甲府、甲斐、南アルプス、中央市と昭和町のアパートなどで、室外の給湯器を外して持ち去っていたとしている。

被害総額は計154件で約1800万円相当。給湯器内の銅などの金属を売却していたという。調べに対し「お金が欲しかった」と容疑を認めている。

引用元:爆サイ

さらに調査を進めると、ネット掲示板の書き込みにあった「渡辺」姓が犯人の氏名で、かつ、窃盗した給湯器の数が2つと、遠藤裕喜の近隣住民の話と一致する事件を発見することができました。

山梨県内で2台の給湯器窃盗を行い、部品を売却して金を得るつもりでいたといいます。週刊文春の近所住民へのインタビューとも、窃盗した給湯器の台数も事件発生時期一致しています。遠藤裕喜の離婚前の父親の名前は「渡辺英喜」で特定が完了しました。

endouyuuki,yamanasi,kouhu,aizawa,kaji,kasai,gazou,douga,hannin,hankoudouki,sokuhou
甲府放火犯人の父親の犯行か

2010.11.13 給湯器2台盗んだ疑い=山梨 (読売新聞)
>北杜署は12日、甲府市大里町、廃品回収業森田秀一(43)、中央市大鳥居、会社員渡辺英喜(31)の両容疑者を窃盗の疑いで現行犯逮捕した。
>発表によると、両容疑者は同日午前2時半頃、北杜市長坂町富岡の配管工事会社の資材置き場から、中古の家庭用給湯器2台(計時価約2万円相当)を盗んだ疑い。
>この資材置き場では今月8日から10日にかけて、給湯器の盗難が2件発生。
>同社から相談を受けた署員が張り込み、軽トラックで給湯器を運びだそうとした森田容疑者らを発見し取り押さえた。同署で余罪を調べている。

遠藤裕喜の父親は、逮捕後に遠藤裕喜と遠藤裕喜の母と別れて暮らしています。遠藤裕喜の母はすぐに離婚し、山梨県内で引っ越しをして再婚しています。遠藤裕喜も引っ越しときに転校しています。

こちらは週刊文春に掲載された遠藤裕喜の小学生時代の卒業文集です。好きなアニメ「デスノート」と記載があります。ネット掲示板に投稿された同級生のエピソードでは、「邪魔者を消していくのが気持ちいい」「自分の過去も消したい」と語られています。父親の給湯器窃盗の事件は、子供ながらに大きな傷になっていたようです。

遠藤裕喜の卒業文集
  • 好きなアニメ:ブリーチ、デスノート
  • 好きな歌手:オレンジレンジ
  • 好きな本:ブリーチ
  • 好きなスポーツ:バトミントン
  • 好きな色:オレンジ
endouyuuki,yamanasi,kouhu,aizawa,kaji,kasai,gazou,douga,hannin,hankoudouki,sokuhou

また、遠藤裕喜は林間学校や修学旅行の思い出を小学校時代の卒業文集に綴っており、ここまでは一般的な男子学生と同じように青春を楽しんでいたことがわかります。ただ、遠藤裕喜の奇行や精神的な持病について触れられており、やはり周囲は遠藤裕喜から1歩引いて対応していたことがわかっています。

endouyuuki,yamanasi,kouhu,aizawa,kaji,kasai,gazou,douga,hannin,hankoudouki,sokuhou

遠藤裕喜自身も周囲の反応に気が付いていたのか、父親の逮捕がきっかけなのか、小中学校時代は不登校だったことが同級生に語られていました。

しかし、遠藤裕喜の文集を見るに小学生時代の思い出が「林間学校」「修学旅行」で、その内容も一般的な中学生が抱くような思い出です。父親の渡辺英喜が犯罪者でなければ、真っすぐな少年に育っていた可能性を考えると同情の余地があります。

ある個人サイトに寄せられた遠藤裕喜に関するタレコミによると、遠藤裕喜は好きな漫画であるデスノートになぞらえて、「邪魔者を消す」「昔のことも消したい」と話していて、父親・渡辺英喜の犯罪が大きな傷になっていることがわかります。

遠藤裕喜の同級生のタレコミ

犯人の小学時代を知る者です。実名が出たのでコメントしました。デスノートの記事を読んで思い出したのですが、犯人はデスノートについて「邪魔者を消していく感じが楽しい」みたいなことを言っていました。「昔のことも消したい」とも言っていて当時はよくわからなかったのですが、記事を読んて父親の事件の事かと納得しました。

遠藤裕喜は、自分の犯罪ではなく父親の犯罪のせいで小学校時代からいじめに遭い、早い段階で人生を棒に振ってしまいました。遠藤裕喜の現実逃避したい気持ちを「デスノート」が的確に表現していたのでしょう。

そういった背景を知らない遠藤裕喜の同級生には、遠藤裕喜の行動は不気味に感じられたことでしょう。

甲府市蓬沢放火犯の犯行動機「ティファニーをどれだけ苦労して購入したかわかってない…」

遠藤裕喜には精神疾患があった「奇行あり、ニヤニヤ独り言」

遠藤裕喜の一家は、父親の渡辺英喜の逮捕後に引っ越しと転校をしています。引っ越しといっても同じ山梨県内での引っ越しだったとのこと。

小学校時代の同級生へのインタビューに成功している週刊文春では、「遠藤裕喜には生まれつきの持病があること」「新しい父親がお金持ちだった様子」が語られています。

遠藤裕喜の小学生時代

 転居先は同じ山梨県内の甲府市だった。小学校時代の同級生が振り返る。

「転入の挨拶のとき、先生から『この子は生まれつき持病があるけど、それをバカにしていじめちゃいけません』って言われたんです。彼は円形脱毛症だったみたいで、ツムジのところが禿げていた。だけど、先生の注意もあったので、いじめはありませんでした」

この同級生はAを見て驚いたことがあった。

「まだ小学生なのに、既にiPhoneを持っていて、使いこなしていたんです。よく『パズドラ』とかのゲームをやってましたね」

翌年には家庭環境に変化が起こる。

「母親が離婚し、すぐに別の男性と再婚したようなんです。小6の授業参観の時に赤ちゃんを抱っこしていました。母親はぽっちゃりしていて、穏やかな性格でしたね。Aが『新しいお父さんにビリヤードのキューを買ってもらった』と自慢げに話していたのを覚えています」(学校関係者)

引用元;週刊文春電子版

遠藤裕喜が円形脱毛症であったことが語られていますが、父親の渡辺英喜の逮捕によるストレスが原因とも考えられます。小学生でも流石に父親が悪いことをして逮捕されたということは理解できるはずです。その日を境に、遠藤裕喜は心から明るく人と触れ合うことができなくなります。遠藤裕喜は小学校時代から不登校になります。

転校先では、担任先生の事前の制止があり、遠藤裕喜はいじめを受けていなかったと語られていますが、子供のいじめについて、親や学校はいつも気が付くのは大事になった後です。実際はいじめもあった可能性が十分にあり、いじめと父親の逮捕から、遠藤裕喜は不登校になってしまいます。

その後、遠藤裕喜は高校は定時制のコースに進みます。しかし、様子がおかしいことに同級生も次第に気が付き、距離を置くようになります。

同級生がみて明らかに様子が変な遠藤裕喜

 その後、Aは甲府市内の定時制高校に進学。2年ほど前に「Aと遊んでいた」という女性が打ち明ける。

「ある時、甲府駅前で1人でいたAを友達が連れてきたんです。みんなタバコ吸って、酒飲んで騒いでいたんだけど、Aだけは飲んでいなかった。ちょっと変な奴で、急にお腹を抱えて笑い出して、『思い出し笑いです』とか言う。そうかと思えばニヤニヤしながら独り言をぶつぶつ喋ったり。ちょっと目を離すと花壇の砂をイジイジしたりして、何を考えているんだか、さっぱり分からなかった」

遊ぶ時間はいつも夕方から夜にかけてだったが、

「午後6時半とか7時くらいに、母親からひっきりなしに電話がかかってきていて、着信履歴が母親だらけになっていました」(同前)

~中略~

その一方で変わった面も。

少し雰囲気が怖いんですよね。みんなの前でマイクを通して話すときや、校内放送だと『みなさん、こんにちは! 生徒会長のAです!』って演技がかった感じで明るくハキハキしているんですけど、個別に話すとすごく静かで元気が全然ない。最近あった学園祭実行委員の集まりでも1人でダーツみたいな形の折り紙を黙々と折っていて、不思議な人だなと」(同前)

引用元:週刊文春電子版

遠藤裕喜の実家住所特定「甲府市里吉3丁目」

遠藤裕喜が逮捕された翌日に、甲府市里吉3丁目という地域にパトカーが集まっていました。甲府市の地元住民がネット掲示板で投稿していました。また、週刊新潮の報道でも遠藤裕喜の自宅住所が甲府市里吉3丁目であることが記載されているようです。

里吉3丁目にパトカーがたくさん来ています。

yamanasi,kouhu,aizawa,kaji,kasai,gazou,douga,hannin,hankoudouki,sokuhou,namae,syounen,5tyanneru,bakusai

甲府市放火事件があった蓬沢1丁目から警察がたくさん来ていた里吉3丁目は地図だとこのような位置関係にあります。遠藤裕喜が甲府市蓬沢での放火殺人の犯行におよんだ後に徒歩で逃げたというのも可能にできる距離です。

yamanasi,kouhu,aizawa,kaji,kasai,gazou,douga,hannin,hankoudouki,sokuhou,namae,syounen,5tyanneru,bakusai

特定された遠藤裕喜と井上家長女が通う山梨県立中央高校からの距離を鑑みても、遠藤裕喜の実家であることは間違いないでしょう。遠藤裕喜にとって、山梨県立中央高校も井上家長女(姉)の自宅も徒歩圏内でした。

yamanasi,kouhu,aizawa,kaji,kasai,gazou,douga,hannin,hankoudouki,sokuhou

遠藤裕喜の放火により、火災で崩壊する前の井上家の様子です。

yamanasi,kouhu,aizawa,kaji,kasai,gazou,douga,hannin,hankoudouki,sokuhou
yamanasi,kouhu,aizawa,kaji,kasai,gazou,douga,hannin,hankoudouki,sokuhou

現場の目撃情報によると、遠藤裕喜は犯行後に徒歩で逃げたというのは間違いないようで、自宅に帰ってから車に乗り換えて逃走を試みたとみられます。

yamanasi,kouhu,aizawa,kaji,kasai,gazou,douga,hannin,hankoudouki,sokuhou

事件に関する爆サイの掲示板で「ぶどう園の息子」というキーワードが出ていましたが、週刊新潮の記事には遠藤裕喜とぶどう園の関係については一切触れられていないため、事実とは異なる可能性が高いです。

葡萄園の息子らしい

yamanasi,kouhu,aizawa,kaji,kasai,gazou,douga,hannin,hankoudouki,sokuhou,namae,syounen,5tyanneru,bakusai

また、ぶどう園の息子を踏まえてなのか、甲府放火犯人の遠藤裕喜が裕福な家庭であると書き込みされていましたが、母子家庭で父親が犯罪者のため、遠藤裕喜が裕福だったことも否定できます。

爆サイのタレコミが本当な場合普通より裕福

yamanasi,kouhu,aizawa,kaji,kasai,gazou,douga,hannin,hankoudouki,sokuhou,namae,syounen,5tyanneru,bakusai

<2021年10月22日追記>

実際、甲府放火の遠藤裕喜は小学生なのにiphoneやビリヤードキューを新しい再婚相手の父親に購入してもらっており、裕福な暮らしをしていたことが確認できています。

遠藤裕喜の新しい父親がぶどう園を経営している可能性がありますが、遠藤裕喜の実家の里吉3丁目にはぶどう園はありませんし、甲府の市街地であるため、ぶどう園は郊外の自然の多い場所に位置している可能性が高いです。

甲府放火の遠藤裕喜は、実父の姓が「渡辺」でしたが、新しい再婚相手の父の姓が「遠藤」であるため、甲府市内の「遠藤」と名前の付くぶどう園を捜索しました。

endouyuuki,yamanasi,kouhu,aizawa,kaji,kasai,gazou,douga,hannin,hankoudouki,sokuhou

山梨県内を捜索しましたが、「遠藤」と付くぶどう園は存在しませんでした。しかし、すべてのぶどう園が人物名を冠しているというわけでもなかったので、実際は遠藤裕喜の父親がぶどう園を経営している可能性も十分にあります。

いずれにしても。遠藤裕喜は小学生時代からiphoneやビリヤードキューを与えられており、父親が普通のサラリーマンではなく、役員クラスもしくは経営者ということは間違いありません。

遠藤裕喜が歪んだのは母親のせい「過保護で間違った守り方」

<2021年10月23日追記>

遠藤裕喜の母親について、学校関係者がリークしている書き込みを爆サイで発見しました。

遠藤裕喜の母親の息子・遠藤裕喜への接し方が実父の逮捕後に大きく変わったと言います。知恵遅れ気味だったという遠藤裕喜の学校での失敗に悉く遠藤裕喜の母親が登場し、解決あるいは収束のために動いていることが語られています。遠藤裕喜自身の問題をすべて母親が解決することによって、遠藤裕喜の自発的な成長が阻害されていることが想像できます。

遠藤裕喜が同級生の私物を盗難したこともあったとのことで、悪いことを悪いと叱り切れなかった遠藤裕喜の母親の誤った教育が垣間見えます。また、遠藤裕喜の更生のためか成長を促すためか、山梨県立中央高校で生徒会長に推薦したのも遠藤裕喜の母親の手引きがあったといいます。

endouyuuki,yamanasi,kouhu,aizawa,kaji,kasai,gazou,douga,hannin,hankoudouki,sokuhou
遠藤裕喜の母親の間違った教育ママ

遠藤裕喜の母親がすべての原因だよ
裕喜はいわゆる知恵遅れの気があった
遠藤母は前夫の犯罪によるイジメから裕喜を守ってきたけど
どこか途中で狂気的な教育ママに変わってしまった
同級生の私物を盗んだりしても遠藤母が出てきて無理矢理収束させるし
護り方が悪かった 裕喜も知恵遅れだし、更生することはなかったよ
遠藤母が中央高校にも頻繁に来て職員室で担任と話してるのを見たし
裕喜が生徒会長になったのも遠藤母の猛プッシュのせい
裕喜はそっとしておくべきだったけど、心配しすぎた遠藤母のせいで歪んでいった
スレチだったらすまん

遠藤裕喜と井上家長女の最後のやり取り「いらない!」

甲府放火犯人の遠藤裕喜は、井上家長女に好意を寄せていました。嫌々始めた生徒会長という重大なポジションにも慣れていき、同じ生徒会の井上家長女(姉)に惹かれていきます。井上家長女(姉)の気をひくためにツーブロックにしたり眉を整えたり、甲府放火犯の遠藤裕喜には身体的にも内面的にも著しい変化が見られました。

井上家長女(姉)のリアクションを見て、遠藤裕喜は自分の恋愛のどこに勝機を感じていたのか、学園祭で生徒に配布された慰労の意味のうまい棒を、井上家長女にあげようとして断られてから不登校が始まったのです。

うまい棒あげる→いらない!

「B子さんも生徒会の役員だったんです。Aは生徒会長になった後、突然ツーブロックに刈り上げ、髪型や眉毛を整えるようになり、『格好いいね』と褒めると、『あ、うん、ありがとう……』と喜んでいた。一緒に活動するうちにAはB子さんを一方的に好きになったみたいで、見た目にも気を遣うようになりました」

事件が起きる4日前、高校では学園祭が開かれていた。そこで、2人が絡むシーンが目撃されている。

「生徒会を含む学園祭実行委員には、先生たちからお疲れ様の意味を込めた“ご褒美”としてお菓子の『うまい棒』が配られました。Aは、それをB子さんにプレゼントしたのですが、『いらない』と突き返されていました」(同前)

この学園祭を境に、Aは皆勤賞だった学校にパタリと来なくなった――。

Aは事件後の取り調べに対し、「LINEをブロックされてムカついた」「それで家まで(下見に)行った」などと供述。また、「自殺を考えたが死にきれず、誰もいないところで1人で生きていこうと思っていた」とも語っているという。

引用元:週刊文春電子版

井上家長女(姉)にしてみれば、あのときうまい棒ぐらい受け取っておけば、ここまでの大惨事にならなかったかも、と後悔しているはずです。しかし、遠藤裕喜の顔画像や同級生のエピソードからわかる通り、関わることも生理的にお断りしたい遠藤裕喜の不審な言動や表情が付きまといます。遠藤裕喜の様子をきちんと管理できていなかった母親にも責任の大部分はあるはずです。

山梨県甲府市蓬沢火災の犯人の名前「ぶどう園の息子・三浦健人はデマ」

少年法の適用年齢が変わるのは2022年4月からであるため、18歳19歳は特定少年という扱いでまだ実名報道、顔出し報道は禁止されています。しかし、報道機関の努力義務という規定にあたるため、結局、週刊新潮が顔出し実名報道に踏み切りました。

遠藤裕喜の実名特定前に爆サイでは、甲府市放火殺人事件のニューススレッドで「三浦容疑者は捕まったのですか?」と唐突に名前が出たことから、19歳放火犯の名前が「三浦」なのかと憶測を呼びました。

放火した三浦容疑者は捕まったのですか?

yamanasi,kouhu,aizawa,kaji,kasai,gazou,douga,hannin,hankoudouki,sokuhou,namae,syounen,5tyanneru,bakusai

また、甲府放火殺人事件の次スレでは「健人?」と書き込まれ、「三浦健人」説が立ち上るようになりました。名前の書き込みだけで根拠となる書き込みはありません。

健人?

yamanasi,kouhu,aizawa,kaji,kasai,gazou,douga,hannin,hankoudouki,sokuhou,namae,syounen,5tyanneru,bakusai

その後も、甲府放火犯人の実名予想スレでは、「小暮洋」「伊藤鉄矢」「室田」など、のデマの名前が書き込まれることが頻発しました。

小暮洋

yamanasi,kouhu,aizawa,kaji,kasai,gazou,douga,hannin,hankoudouki,sokuhou,namae,syounen,5tyanneru,bakusai
どさくさに紛れた私怨?

伊藤鉄也
伊藤鉄也
伊藤鉄也
伊藤鉄也

yamanasi,kouhu,aizawa,kaji,kasai,gazou,douga,hannin,hankoudouki,sokuhou,namae,syounen,5tyanneru,bakusai

5ちゃんねるでは、被害者の井上家の誰かのFacebookを特定した人物が掲載されている写真を見て、「室田くん」という人物にフォーカスしていました。「好青年なのにどうして」という書き込みから、室田くんが甲府市蓬沢の放火殺人犯人の名前だと想像させられます。実際は、甲府放火犯人の実名は遠藤裕喜でした。

犯人を特定している知人?

井上さんのFBに室田君が写ってるのあるな
純朴そうな好青年なのにどうして

yamanasi,kouhu,aizawa,kaji,kasai,gazou,douga,hannin,hankoudouki,sokuhou,namae,syounen,5tyanneru,bakusai

井上家のFacebookを見ている人物はどんな写真を見ているのでしょうか。被害者の井上家長女と甲府市放火殺人の犯人が一緒に写る写真が掲載されている可能性があります。

被害者井上家の長女はサッカー部?

最新のが今月2日のやつ
サッカーボールの左手に見えるのって燃えた家だよね

yamanasi,kouhu,aizawa,kaji,kasai,gazou,douga,hannin,hankoudouki,sokuhou,namae,syounen,5tyanneru,bakusai

近隣住民の目撃情報「長女と自宅前モメていたのは遠藤裕喜か」

この甲府市蓬沢火災のニュースに関するネット掲示場で、近隣住民と思しき人物が意味深なコメントを投稿しているのを発見しました。井上盛司さん一家の娘さんの1人に恋心を抱いていた可能性のある男性がいたことを示唆する内容でした。

恋仲に関するトラブルのように見受けられ、遠藤裕喜が井上家長女(姉)に対して、交際を迫っているようにも解釈できます。

yamanasi,kouhu,aizawa,kaji,kasai,gazou,douga,hannin,hankoudouki,sokuhou
井上盛司さん娘の同級生が犯人か

強盗放火事件の19歳に心当たりあるんだよ実は
近所住んでるんだけど、2年前ぐらいに火事の家の前で高校生カップルがケンカしてるの見た
カップルっていか女の子がかなり抵抗しながら、男がしつこくしてた感じだから実際カップルかどうかはわからん
女の子は振り払って家に入ってったけど男の方の様子がちょっとおかしかったから覚えてるんだけど
地団駄を踏みながら敷地内に入ったり出たりを繰り返して、う~う~唸ってたんだよ
しかも似たようなやりとりを短い期間に2回も見てるんだよ
もしかしたらそいつが犯人なのかなあって

井上家の両親の顔画像が報道される「知性あふれる顔」

yamanasi,kouhu,aizawa,kaji,kasai,gazou,douga,hannin,hankoudouki,sokuhou,namae,syounen,5tyanneru,bakusai

FNNプライムオンラインにて、井上家の両親の画像が公開されました。知性がある雰囲気で、優しそうな表情が印象的です。井上家長女(姉)の顔画像も知性と優しさを兼ねている美人であると想像できます。

遠藤裕喜にとって、離婚していない夫婦で愛情と知性があり、美しい井上家長女は羨望の的だったことは間違いありません。なにも欠けることのなかった井上家のような家庭を築きたいという願望が遠藤裕喜にはありました。

しかし、遠藤裕喜が井上家長女(姉)にしつこく接するあまり、LINEをブロックされ、遠藤裕喜が夢見た井上家のハートフルな家庭は途端に憎い存在に急変してしまったのです。

甲府市放火犯人は遠藤裕喜「長女のストーカー、逆上」

山梨県甲府市火事の犯人は、逃走しているところを複数の近隣住民が目撃しており、また徒歩で逃走したことから、近隣に住む人物の犯行であると予測されていました。山梨県甲府市火災の犯人が出頭し、逮捕されたときの報道がこちら。警察も犯行の経緯を捜査中です。

甲府放火犯人の犯行動機「長女に対する復讐」ガソリンと刃物用意

甲府市火災・強盗殺人事件の犯行動機「用意周到だった」血痕みつかる

甲府放火殺人の犯人特定「自宅前で口論する娘と男がいた」

19歳男性が出頭した

12日、甲府市で住宅が放火され50代の夫婦とみられる2人の遺体が見つかった事件で、警察は12日夜出頭した19歳の少年を夫婦の娘にけがをさせた傷害の疑いで逮捕しました。

警察によりますと少年は調べに対し容疑を認めたうえ、放火したことをほのめかす供述をしているということで、警察が詳しい状況を調べています。傷害の疑いで逮捕されたのは甲府市内に住む19歳の少年です。

12日午前4時前、甲府市蓬沢の井上盛司さんの住宅から火が出て、焼け跡から2人が遺体で見つかりました。警察は火事のあと連絡がとれなくなっているいずれも50代の井上さん夫婦とみて確認を進めています。

この事件では火が出る直前、井上さん夫婦と同居する10代の娘が家の中で鉢合わせした男に頭を殴られてけがをしていて、警察は現場の状況から放火や傷害の疑いで防犯カメラの映像を分析するなど捜査を進めていました。

捜査関係者によりますと、12日の夜、甲府市内に住む19歳の少年が出頭してきたということで、警察は井上さんの娘に対する傷害の疑いで逮捕しました。これまでの調べに対し少年は「間違いありません」と容疑を認めたうえ、井上さんの家に放火したことをほのめかす供述をしているということです。

また、少年は顔にやけどを負っていたということで、警察は詳しいいきさつを調べることにしています。

引用元:NHK

山梨県甲府市蓬沢火事のネットの反応「2度死刑しないと気がすまない」

山梨県甲府市蓬沢火事の犯人は19歳男性が出頭したことで、一応の解決にはたどり着きました。しかし、10代にして両親と自宅を失った被害者の娘2人にかけてあげられる言葉はなく、その怒りは甲府市蓬沢放火強盗事件の犯人に向けられます。放火殺人は、極めて刑の重いものですが、それだけでは気がすまないネット民たちは怒りに満ちています。

10代にして両親を失う娘たちが気の毒…
  • 放火強盗殺人とか恐ろしいな…
  • 長女に何されたら放火殺人なんて恐ろしいことやれるんだ?
  • めっちゃ近所でこんな恐ろしい事件あるなんて、寝てられねぇよ
  • 一生刑務所から出ないで良いよ
  • 19歳で高校生って、ダブってる?
  • 徒歩で逃走した時点で近所の住人の犯行だよな
  • 泣きながら駐在所で自首したっていうけど、泣くならやるなよ
  • 10代の娘たちは今日からどうやって生きていくのか

甲府放火犯人の犯行動機「長女に対する復讐」ガソリンと刃物用意

遠藤裕喜が放火した井上家特定「山梨県甲府市蓬沢1丁目3」

遠藤裕喜が放火した山梨県甲府市蓬沢1丁目の現場を特定することに成功しました。報道の画像がヒントになり、GoogleMAPで確認することができました。

こちらは報道時に映された放火の被害にあった山梨県甲府市蓬沢1丁目の井上盛司さん一家の住宅です。

yamanasi,kouhu,aizawa,kaji,kasai,gazou,douga,hannin,hankoudouki,sokuhou

上空からの山梨県甲府市蓬沢1丁目の井上盛司さん一家の住宅がこちら。左右の建物や、警察がブルーシートを広げている私道のような場所がヒントになりました。

yamanasi,kouhu,aizawa,kaji,kasai,gazou,douga,hannin,hankoudouki,sokuhou

山梨県甲府市蓬沢1丁目の井上盛司さん自宅の報道同じ場所をGoogleMAPで発見しました。オレンジないし肌色の壁が井上さん宅です。

こちらが山梨県甲府市蓬沢1丁目の井上盛司さん一家の全焼前の自宅であることが判明しました。自家用車が2台あります。地方だと自動車の所有は必須で、父と母のそれぞれ1台の合計2台だと思われます。国産車が見えることから、井上盛司さん一家が特別に裕福だったということはないようです。

yamanasi,kouhu,aizawa,kaji,kasai,gazou,douga,hannin,hankoudouki,sokuhou

山梨県甲府市蓬沢1丁目火災の画像動画「火柱があがっている」

山梨県甲府市蓬沢1丁目強盗放火事件を目の当たりにしていた現地住民がSNSを使って発信してくれています。未明3時50分の火災でも近隣住民が駆けつける大きな事件になったようです。

甲府市蓬沢火災の動画

家の近くの火事、やばかった…。
#甲府市
#火事

消防車到着、消火活動始まる

と思ったら近所で火事… 今日はいっぱい消防車見るな…

火柱が上がっている…

甲府市蓬沢 1丁目で火災発生

yamanasi,kouhu,aizawa,kaji,kasai,gazou,douga,hannin,hankoudouki,sokuhou
火事のあった場所だけ明るい

あれはもしや火事では?!
消防車?の音も聞こえてる

yamanasi,kouhu,aizawa,kaji,kasai,gazou,douga,hannin,hankoudouki,sokuhou

朝焼けとともに火災に気がつく

なんか焦げ臭いと思ったら火事らしい。

yamanasi,kouhu,aizawa,kaji,kasai,gazou,douga,hannin,hankoudouki,sokuhou yamanasi,kouhu,aizawa,kaji,kasai,gazou,douga,hannin,hankoudouki,sokuhou

山梨県甲府市火事の報道概要「1階に知らない男がいた」

yamanasi,kouhu,aizawa,kaji,kasai,gazou,douga,hannin,hankoudouki,sokuhou

山梨県甲府市蓬沢1丁目で起きた火災事件の報道を振り返ってみます。

山梨県甲府市火災のポイント
  • 両親と見知らぬ男性が争う声を娘が聞いている
  • 娘は逃げたところ背後から襲われた
  • 娘2人は逃げ切ることが出来た
  • 両親は自宅の火災に巻き込まれ、全焼して死亡
  • 両親は火災の前に殺害されていた可能性もある
  • ただの泥棒が口論して放火までするのか?
  • 犯行現場の周辺には血痕が残されていて、犯人は井上さん一家に危害を加えて流血させている
甲府市蓬沢1丁目火災の報道

甲府市の井上盛司さん方が全焼し、井上さん夫妻と連絡が付かなくなっている火災で、同居する10代の娘2人のうち1人が「争う声を聞いて1階に下りたら知らない男がいた」「逃げたら後ろから襲われた」と証言していることが12日、山梨県警への取材で分かった。娘は頭にけがをしたが、命に別条はない。県警は周辺の防犯カメラの映像などを分析し、侵入者の特定と行方を捜査。2遺体の身元確認を進めている。

県警によると、娘は12日午前3時半ごろ、2階にいた際、争うような声を聞いて1階に下りた。薄明かりの中に見知らぬ男を発見。逃げたところ、男が追い掛けてきて、硬い何かで背後から襲われた。負傷した頭には殴られたような痕と、裂傷による出血があることも新たに判明した。

娘2人は家から逃げ、3時45分ごろ「泥棒に入られた」と110番通報した。その後、井上さん方から出火したと近隣から通報があり、消防が駆け付けたが全焼。焼け跡から性別不明の2人の遺体が見つかった。

引用元:産経新聞

甲府市蓬沢放火事件の犯人が出頭「泣きながら駐在所に」

泣きたいのは被害者家族だよ、とネットでも叩かれていましたが、犯行当日中に甲府市放火犯は現場から30m離れた駐在所の電話を使って、自白しました。

泣きながら出頭した犯人

 2人の遺体が見つかり、夫婦の行方が分からなくなっている甲府市の住宅放火事件。傷害容疑で逮捕された19歳の少年は12日夜、甲府市から遠く離れた駐在所を訪れ、警察署に電話で「人を殺してしまった…」と泣きながら打ち明けていた。火災当夜の急展開。近隣の住人たちは13日、一定の安堵感を見せつつも衝撃を隠さなかった。

【写真】出火した住宅から上がる煙 警官が不審な男に声掛け

捜査関係者によると、少年は12日午後7時ごろ、当時は無人だった駐在所から電話をかけた。すぐにパトカーで駆け付けた警察官が身柄を確保。捜査本部がある南甲府署に引き渡した。

警察官が到着した際も少年は泣き続けていた。指にはテーピングも施してあったという。

引用元:共同通信

夫婦の遺体に複数の刺し傷「相当な恨みあった」

甲府市放火殺人事件の犯人は、相当な怨恨があったとみて捜査が進められています。井上家の長女と同じ高校に通っていたため、学校内で起きたトラブルが原因という可能性もあります。

続報で、甲府市蓬沢放火事件の夫婦とみられる遺体2名には、複数箇所の刺し傷があったことから復讐を目的とした殺人であることがわかります。

夫婦の遺体に複数刺し傷

山梨・甲府市の住宅が放火され、夫婦とみられる2人の遺体が見つかった事件で、2人の死因が、刃物のようなもので刺されたことによる失血死だったことが新たにわかった。

逮捕された19歳の少年は、12日未明、甲府市の井上盛司さんの自宅で、井上さんの娘2人のうち、10代の妹の頭を殴り、けがをさせた疑いが持たれている。

井上さんの自宅は、この直後に出火し、焼け跡から、井上さん夫婦とみられる2人の遺体が見つかった。

司法解剖の結果、2人の遺体には、複数の刺し傷があり、死因は、刃物のようなもので刺されたことによる失血死だったことが新たにわかった。

少年は、10代の姉と同じ高校に通っていて面識があり、警察は、犯行の動機を調べるとともに、殺人の疑いでも調べを進めている。

引用元:FNNプライムオンライン

追記:遠藤裕喜を再逮捕「次女への暴行で」

<2021年11月2日追記>

2021年11月2日、遠藤裕喜が再逮捕されました。井上家夫婦を刺す前に、井上家次女を殴り、放火を行ったと報じられています。放火後、井上家夫婦を刺殺したと見られています。

遠藤裕喜を再逮捕

山梨・甲府市で住宅が放火され、焼け跡から夫婦の遺体が見つかった事件で、警察は、少年(19)を放火の疑いで再逮捕する方針。

この事件は、10月12日に甲府市の住宅が放火され、焼け跡から井上盛司さん夫婦の遺体が見つかったもので、井上さんの長女の知人で19歳の少年が、出火直前、次女の頭を殴り、けがをさせた疑いで逮捕されている。

調べに対し、少年は「油をまき、火をつけた」などと供述していて、警察は2日、放火の疑いで再逮捕する方針。

遺体には、複数の刺し傷があり、警察は、少年が井上さん夫婦を刺したあと、家に火をつけたとみて調べている。

引用元:FNNプライムオンライン

遠藤裕喜の放火直後に「やめて!やめて!」と叫んでいたのは井上家の奥様であった可能性が高いです。ひとしきり放火の手順が終わると、井上家夫妻を刺している凶悪な犯行に厳罰を求める声はいまだに高まっています。

甲府市放火事件の犯人の実名は遠藤裕喜「恋愛初心者陰キャの暴走」

週刊新潮の英断によって日本中を恐怖と混乱に陥れた甲府放火犯人の実名と顔画像が公開されました。甲府放火犯人の名前は遠藤裕喜(えんどうゆうき)でした。

週刊新潮に記載されたエピソードによると、遠藤裕喜は進んで生徒会長をやっていたわけではありませんでした。しかし、遠藤裕喜が生徒会長になるや、生徒会にいた井上家長女(姉)が眩しい存在に変わっていきました。

遠藤裕喜は父が給湯器の窃盗で逮捕され、両親が離婚しています。途中から母子家庭で育った遠藤裕喜は、円満な家庭への強い憧れと羨望が芽生えます。同じ生徒会にいた井上家長女の家庭はまさに、遠藤裕喜が憧れた世界だったのです。

しかし、犯罪者の子供である負い目もあり、社交性はなく、恋愛初心者だった遠藤裕喜の初めての恋愛は失敗に終わるどころか、自分の人生までも破綻させてしまう大暴走でした。

戸田恵梨香も適応障害で休業か?「業界では妊娠説も浮上」

サイコパス細野雅俊がネコ虐待動画で逮捕「内蔵飛び出ている…」

眞子様のPTSDは嘘!「PTSDで結婚とか引越しムリだから!」患者激怒

櫻井翔の結婚相手「広瀬アリス似の美女だった」

相葉雅紀の結婚相手が判明か「元銀座のホステス」